1. まとめトップ
  2. カラダ

あたたま~る♪寒い時期こそ始めたい「温活」6選

体が冷えるこの時期。冷え性改善に役立つ習慣をまとめました。

更新日: 2017年10月06日

102 お気に入り 46955 view
お気に入り追加

この季節に気になるのが「冷え」

寒さによって体が冷えやすくなるこの季節。「冷え性」は肩こり、不眠、免疫力の低下など体の不調につながるので気になる人も多いはず。

冷え性の第一段階は、手先や足先などの末端の冷え。デスクワーク中、指先が凍るように冷たく感じている女性の方は多いのではないでしょうか。

冷え取りダイエット委員会の著書「冷え取りダイエット」(株式会社パンダ・パブリッシング刊)によれば、体温が下がると、糖や脂肪の燃焼が低下して、代謝が悪く太りやすい身体になるのだそう。

この時期こそ始めたい「温活」

この季節にこそ注目したい「温活」。健康と美容のために積極的に体質改善したい。

体を温める飲み物をチョイス

冷たい飲み物より温かい飲み物を選ぼう。生姜など体が温まる素材が入っているのが好ましい。

▼『生姜チャイ』がリニューアル

『「冷え知らず」さんの生姜チャイ』(永谷園)が秋冬の期間限定で2017年10月2日より全国自動販売機等で発売。

女性の大敵“冷え”に効果があるといわれる生姜を使った飲料が、全国自動販売機などで発売中!

▼伊藤園から『りんご酢』が新発売

温活をサポートする機能性表示食品『りんご酢』が2017年10月9日に発売。国産りんご酢を使用。

柑橘由来のポリフェノール「モノグルコシルヘスペリジン」を178mg含有しており、これからの季節、寒さを感じ手足の温かさを保ちたいときにおすすめだという。

冷え性に効く食材を選ぶ

冬野菜や根菜は体を温める効果あり!美味しく取り入れれば体が芯から温まる。

食材そのものから温める効果のある「冬野菜」「根菜類」などを意識することや、身体を冷やす「白い食材は減らす」といったことを意識しましょう。

1.卵 2個
2.玉葱 適量
3.セロリ 適量
4.人参 適量
5.コンソメ顆粒 適量
6.ハーブソルト 少々
7.おろし生姜 少々
8.オリーブオイル 少々
9.小松菜 適量

作り方
http://www.recipe-blog.jp/profile/75664/recipe/543131

1.片栗粉(衣用です) おたま1くらい
2.かぼちゃ 100g
3.さつまいも 100g
4.れんこん 小さめ1個
5.ゴボウ 20cm
6.*砂糖 大さじ2
7.*醤油 大さじ2
8.*お酢 大さじ2
9.*みりん 大さじ1
10.*片栗粉 小さじ1
11.*水 100ml
12.揚げ油 適量

作り方
http://www.recipe-blog.jp/profile/157037/recipe/967761

1.ラディッシュ 3個
2.ごぼう 1/2本
3.レンコン 60g
4.人参 80g
5.卵 1個
6.★白ごま 大さじ3
7.★粒マスタード 小さじ1
8.★麺つゆ 大さじ2
9.★マヨネーズ 大さじ2

作り方
http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1138214

入浴で代謝をアップ

リラックス効果と血行促進効果のある入浴は冷え性改善にかかせない。発汗作用のある入浴剤でさらに代謝をあげたい。

湯船に浸かり、入浴することで体の芯や手先や足先まで温まり、血行が一気にアップ。

気温の低い秋冬は40度くらいのぬるめのお湯で15~20分、しっかり全身浴をして血行促進しましょう。

▼新発売の入浴剤

粉末タイプの入浴剤シリーズ「バブ エピュール」に新しい香りが10月7日より発売。レモングラス&ゼラニウムの香りとジャスミン&フランキンセンスの香りが登場。

1 2