1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ノーベル賞作品も!!海外ファンタジー小説に親しむ7選

ノーベル賞を受賞したカズオ・イシグロさんの小説「忘れられた巨人」など海外ファンタジー小説をまとめました。

更新日: 2017年10月06日

101 お気に入り 21327 view
お気に入り追加

2017年ノーベル文学賞が発表

スウェーデン・アカデミーは現地時間5日、日本生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)に2017年のノーベル文学賞を授与することを発表した。

今も階級社会的な色彩を多く残す一方、多民族化が進む英国で、民族的少数派に属しつつ、伝統的な英文学の基盤に立脚した作風を打ち出し、大きな反響を生んだ。

カズオ・イシグロ氏

81年から執筆活動を始め、89年に発表した『日の名残り』で世界的に権威のある文学賞の一つ、英国のブッカー賞を受賞。同作はジェームズ・アイヴォリー監督、アンソニー・ホプキンス主演で映画化された。

最新作はファンタジーの世界観が漂う長編小説

2015年に出版されたカズオ・イシグロ氏の最新作。6世紀頃のイングランドに目を向けた作品。早川書房から10月中の文庫化が決まっている。

<あらすじ>
”『わたしを離さないで』から十年。待望の最新長篇!
アクセルとベアトリスの老夫婦は、遠い地で暮らす息子に会うため、長年暮らした村を後にする。若い戦士、鬼に襲われた少年、老騎士……さまざまな人々に出会いながら、雨が降る荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは――。
失われた記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く、ブッカー賞作家の傑作長篇。 ”
Amazon 「忘れられた巨人」より

カズオ・イシグロがノーベル賞かー。「忘れられた巨人」とても面白かったし納得。

『忘れられた巨人』読んだけど、正統派の英国ファンタジーで面白かったなぁ。

忘れられた巨人読みたいなって思ってたままタイミング逃さしてたんだけど、今の感じだと書店在庫増えそうだし読みたいな

「わたしを離さないで」は映画を見た。 「忘れられた巨人」を読みたいと前から思っていて読んでないので、この機会に読む。

この機会に読みたくなるファンタジー小説

王道の「指輪物語」や「ハリーポッター」など、世界中で愛されるファンタジー小説。大人でも夢中になれる世界観が魅力です。

怪物はささやく パトリック・ネス

カーネギー賞、ケイト・グリーナウェイ賞ダブル受賞作品。2017年には映画化&文庫化したベストセラー。涙がとまらなくなる1冊。

<あらすじ>
”怪物は真夜中過ぎにやってきた。墓地の真ん中にそびえるイチイの大木の怪物がコナーの部屋の窓からのぞきこんでいた。
おまえに三つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら、おまえが四つめの物語を話すのだ。
闘病中の母の病気が再発、学校では母の病気のせいでいじめにあい、孤立……。そんなコナーに怪物は何をもたらすのか。”

Amazon「怪物はささやく」より

「怪物はささやく」という小説を読んでいるのだが、これはやばいやつだ超泣くやつだ

パトリック・ネス著 シヴォーン・ダウド原案『怪物はささやく』読み始める。ジム・ケイによるイラストがふんだんに入っているかっこいい本! pic.twitter.com/dXfJqxijK5

怪物が語った3つの物語は、世界の見方。最後に少年に、真実を語らせるために。そうして少し大人になった少年を、イチイの木は母親と一緒に、ずっと見守り続けてる。 大人になってからも堪能できる、綺麗な童話。 #怪物はささやく pic.twitter.com/aMOEt0xIQz

夜の庭師 ジョナサン・オージエ

カナダ図書館協会児童図書賞を受賞し、ディズニーの映画化が予定されているゴーストストーリー。

<あらすじ>
”モリーは14歳、思いのままに物語を紡ぐ天性の語り手だ。弟のキップとふたり、アイルランドから海を渡って命からがらイングランドに辿り着き、ようやく雇ってくれる屋敷をみつけたものの、そこで彼らを待っていたのは巨木に取り込まれたかのような奇怪な屋敷と、青白い顔をした主人一家、そして夜中に屋敷を歩き回る不気味な男の影……夜の庭師だった”

Amazon「夜の庭師」より

ジョナサン・オージエ『夜の庭師』 飢饉のアイルランドを出て英国へ渡る途中、両親と生き別れた姉弟が不気味な邸に住む一家に奉公することに… 気丈な姉弟の成長冒険譚とゴシックホラーのの組み合わせで、「おはなし」の楽しさを素直に味わえました。

「夜の庭師」読了。とても楽しめた。著者がインスパイアされた中にブラッドベリの「何かが道をやって来る」や「スリーピーホロウの伝説」があるが、好みの雰囲気。勇敢で機知に富むモリーとキップの姉弟愛もいい。 pic.twitter.com/MrODJpTbvt

ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

ジブリ映画でおなじみ「ハウルの動く城」の姉妹編。アラビアンナイトの世界を舞台とした長編小説。「ハウルの動く城3 チャーメインと魔法の家」も一緒に読みたい。

<あらすじ>
”魔神にさらわれた姫ぎみを助けるため、魔法の絨毯に乗って旅に出た、若き絨毯商人アブダラは、行方不明の夫ハウルを探す魔女ソフィーと出会い…? スタジオジブリのアニメーション映画「ハウルの動く城」原作の姉妹編。本物の空飛ぶ絨毯、願い事をかなえてくれる瓶の中の精霊、砂漠の盗賊、雲の上に棲む魔神など、絢爛豪華なアラビアンナイトの世界で展開する魔法譚。”

Amazon「ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯」より

本屋をぶらぶらしてて発見! ハウル原作は昔に2巻アブダラまで単行本で読んだことあったけど3巻のチャーメインと魔法の家なんてあったかな!? と思ってまとめて衝動買い\\\└('ω')┘//// pic.twitter.com/qMH5aqFlU3

あと原作『ハウルの動く城(魔法使いハウルと火の悪魔)』を読んだのなら、その続編の『アブダラと空飛ぶ絨毯』をぜひオススメしたい。めっちゃ面白い

明日からはアブダラを読みます。ハウルの動く城シリーズ第2巻。ただし主人公はハウルではない。

バーティミアス サマルカンドの秘宝 ジョナサン ストラウド

1 2





sunflowerstarさん