感染経路は、主に“唾液”。

お口の中に存在する菌は、300~700種類ともいわれており、大きく分けて虫歯菌と歯周病菌があります。

虫歯菌と歯周病菌は、全体の数としてみるとバランスを保って存在し、虫歯になりやすい人だと歯周病になりにくい、歯周病になりやすい人だと虫歯になりにくいといった傾向が見られますが、当然常に汚れの付着が多い場合はどちらのリスクも高くなります。

この情報が含まれているまとめはこちら

歯周病の相手とのキス…絶対にやめた方がいい4つの理由 *lulu歯科

大好きな人とのキス。幸せな瞬間のはずなのに「あれ?なんか…」と感じたことのある方もいるのではないでしょうか?今回は、キスをする相手に与える影響と、歯周病によって引き起こされる危険、そして歯周病にならないために個人でできるお手入れ方法についてまとめました。幸せなキスをしたい方必見です!

このまとめを見る