国際糖尿病連合の調査では、2011年時点で世界の人口“約70億人中、糖尿病と推定される人は約3億6600万人”と言われています。

血中の糖分量が増加して溜まってしまう病気である糖尿病は、見方を変えれば、血中に存在するインスリンがうまく機能しなくなっている状態です。

糖分が溜まってしまう事で、血管そのものが脆くなり、免疫力が低下します。
その結果、感染症や合併症(心臓病、腎臓病、脳卒中、失明など)を引き起こします。
歯周病もその中の一つで、血管が脆くなり菌に感染しやすくなる点が、歯周病の感染率を高めて、更に通常の歯周病患者に比べ進行速度も早いとされています。

また、糖尿病でなくても、歯周病であれば糖尿病になるリスクは高くなります。
理由は、歯周病菌が血中に存在するインスリンの働きを妨げるから。
切っても切り離せない関係であるため、どちらかに当てはまる方は勿論、どちらにも当てはまらない方であっても、今後に向けて慎重な対策を心がけましょう。

糖尿病なし・歯周病あり→糖尿病になるリスクあり
糖尿病あり・歯周病なし→歯周病になるリスクあり
糖尿病あり・歯周病なし→どちらも悪化させる可能性大

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歯周病の相手とのキス…絶対にやめた方がいい4つの理由 *lulu歯科

大好きな人とのキス。幸せな瞬間のはずなのに「あれ?なんか…」と感じたことのある方もいるのではないでしょうか?今回は、キスをする相手に与える影響と、歯周病によって引き起こされる危険、そして歯周病にならないために個人でできるお手入れ方法についてまとめました。幸せなキスをしたい方必見です!

このまとめを見る