妊娠中は、ホルモンの一種であるエストロゲンによって歯周病菌の増加が促されるだけでなく、その他のプロゲステロンというホルモンの存在により、炎症が引き起こされやすくなります。
(要するに、妊娠中は妊娠前に比べて歯周病になるリスクが高まるという事です。)

しかしこれは、ホルモンの影響によるものなので完全に止めることは不可能です。
よって、胎児や出産のリスクを下げるには、口腔管理に妊娠前よりも気を使う事が必要不可欠といえるでしょう。

そして、そんな奥様を支えるパートナー(旦那様)にも心がけて欲しいことがあります。
それは、【妊娠中の自己管理は、想像以上に難しい】という点を理解してあげること。

“たかが歯磨き”ですが、妊娠中の特に悪阻がある時期は、歯を磨く行為ですら“吐き気”を促しやすくなるため、人によっては歯ブラシをお口の中に入れたくないと感じるほど非常に困難でストレスになります。それでも「しなければならない」という気持ちを理解してあげてください。

また、ホルモンによって歯周病になりやすくなるデータは、あくまで可能性の話であり、必ずしもなるとは限りません。
しかし、奥様が歯周病でなくても、スキンシップをとる相手(旦那様)が歯周病であれば、当然その菌は奥様の体内に入ります。

自らのお口が原因で、大切な家族を危険にさらす…という最悪な結果にならない為にも、まずはご自身のお口の状況チェックをして下さいね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歯周病の相手とのキス…絶対にやめた方がいい4つの理由 *lulu歯科

大好きな人とのキス。幸せな瞬間のはずなのに「あれ?なんか…」と感じたことのある方もいるのではないでしょうか?今回は、キスをする相手に与える影響と、歯周病によって引き起こされる危険、そして歯周病にならないために個人でできるお手入れ方法についてまとめました。幸せなキスをしたい方必見です!

このまとめを見る