それでは、どうすれば汚れをとることが出来るのか解説いたします。

【噛み合わせの部分】
歯ブラシの毛先がしっかり溝にくい込ませてください。
磨く幅が大きかったり、力を入れすぎて毛先が広がりすぎていれば清掃効果は半減します。


【歯と歯の間】※フロス(糸ようじ)必須
歯と歯の間に隙間があり、歯ブラシの毛先がしっかりと入り込む方であれば、歯ブラシのみで汚れは落とせます。
しかし、そのようなケースはごく稀で、実際は正しい歯並びの方(歯の横の面が隣の歯とピッタリくっついている)や、歯同士が重なり合っている方がほとんどであり、その場合、歯ブラシの毛先を隣接した面に当てることは、まず不可能です。
(隣接した面=歯と歯の間の根元ではなく、歯の上部のピッタリ接している面)

デンタルフロス(糸ようじ)を使う必要があります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

歯周病の相手とのキス…絶対にやめた方がいい4つの理由 *lulu歯科

大好きな人とのキス。幸せな瞬間のはずなのに「あれ?なんか…」と感じたことのある方もいるのではないでしょうか?今回は、キスをする相手に与える影響と、歯周病によって引き起こされる危険、そして歯周病にならないために個人でできるお手入れ方法についてまとめました。幸せなキスをしたい方必見です!

このまとめを見る