1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

マギもついに…名作漫画の最終回が悲しすぎるぞ…!

「マギ」に「デンキ街の本屋さん」,「浮浪雲」も…伝説を作った人気漫画がついに完結…悲しみの声が多い…。そんな中,すでに完結していた「ソラニン」に新たな動きが!!切ない気持ちを抑えながらまとめてみました。

更新日: 2017年10月06日

26 お気に入り 156604 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

critical_phyさん

寂しすぎる…「マギ」最終回が目前に迫っている…!

大高忍「マギ」が、10月11日発売の週刊少年サンデー46号(小学館)にて最終回を迎える。

世界を導く王を選定する“マギ”の少年・アラジンが、元王族の少年・アリババ、元奴隷の少女・モルジアナらと冒険する姿を描いたマンガで、2009年に同誌で連載が始まった。コミックスは35巻まで発売されている。

主要キャラクターそれぞれの立場に正義や信念があるため、単なる勧善懲悪にならない思想や世界観に魅了される。友情・努力・成長を描く少年マンガの王道としてだけでなく、魔法を巧みに操りながら戦うシーンの迫力ある描写も見どころの1つ。

癒やし系漫画がついに完結へ…「デンキ街の本屋さん」も最終回目前!

「デンキ街の本屋さん」は電気街のコミック専門書店・BOOKS うまのほねを舞台に繰り広げられる書店員の日常もの。

それぞれ強い個性をもつ7人の店員達の日常を中心に描く青春ラブコメである。2014年10月から12月までテレビアニメが放送された。

海雄くんのバイト先【コミック専門書店 うまのほね】。そこではみんな何かのマニアだったり、コアなふぁんだったりとちょっと濃い目のキャラ多し。……さてさて、本屋のお仕事をうまくやっていけるかな?。

出会いも別れもいつも通りの泣き笑いもあり、最終巻に向けて物語は加速していくようです。それぞれの恋や仕事、人間関係はどのように移り変わり、どのような展開を迎えるのでしょうか?

今年が終わる頃、終わっちゃうのかぁ。どんな終わりになるか、楽しみという気持ちと寂しい気持ち。みんなが幸せなエンドなら嬉しいなぁ。

半世紀近くも第一線で楽しませてくれた…「浮浪雲」完結の余韻が収まらないぞ!

幕末の品川宿を舞台に、物事に執着せず、ひょうひょうと生きる問屋の頭・雲と、彼と関わる人々の生活を描いたマンガ。教育、夫婦、恋愛などさまざまなテーマが扱われた。

幕末の江戸時代における家族持ちアウトローの日常を描いたお話とでも言うべきでしょうか。主人公の雲の家族や人々を愛し、そして、理不尽な所業が起こってしまう幕末の江戸を描きながらも、その中で生きている人々の姿をごく普通に描いていました。

惰性で読んでいるつもりが、ふと深さに気づかされるのが『浮浪雲』という作品の最大の特徴。

ジョージ秋山さんの長寿漫画『浮浪雲』が、9月20日発売の『ビッグコミックオリジナル』19号(小学館)で完結しました。

44年間、1000回を超える連載、どの一話もいつもの一話で、どの一話も特別な一話。これが最後の一話です。皆さん、見届けてください。

子どもの教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、悩める現代人にもヒントを与えてくれる内容で、多くの支持を集めた。

浮浪雲 最終回、余韻のある終わり方だった。流れる雲のように飄々としながらも、己を見失わない。浮浪の旦那の生きざまを見習いたいものだ。 pic.twitter.com/9WbDUj71up

そんな中…最終回の後が見られる「ソラニン」が注目を集めている!

OL2年目の芽衣子と、彼女と同棲している恋人の種田を中心に、若者の夢や葛藤を描いた青春ストーリー。

2010年には宮崎あおいと高良健吾主演で実写映画化。作中に出てくる歌詞にASIAN KUNG-FU GENERATIONが曲付けして歌った主題歌「ソラニン」も話題になりました。

読者からは「ぐさっとくる浅野先生の言葉や人間設定に泣かされる」「モラトリアムを脱出しきれない若さ、青臭さが心に刺さった」「たった2巻でこんなに濃い内容の漫画は他に知らない」と絶賛の声が続出。

1 2