1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ…あの新人王も残念。巨人から引退宣言した選手4人

今年のペナントレースも終盤ですが読売ジャイアンツから引退宣言が続々。この時期は寂しいですね…松本哲也、相川亮二、片岡治大、鬼屋敷正人

更新日: 2017年11月13日

4 お気に入り 37431 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

松本哲也外野手

巨人松本哲也外野手(33)が、現役引退を決断したことが5日、分かった。

今季は10年ぶりに1軍出場ゼロ。大きな故障はないものの、チームが大きな変革期を迎えていることも踏まえ、自らユニホームを脱ぐ決断を下した。

早いよ、引退 初めてドームで野球見てた頃にスタメンだった松本哲也を忘れません pic.twitter.com/ciFwQqM8E7

▼育成枠から新人王になりましたね。

「育成の巨人」を象徴する選手だった。専大から、06年ドラフト3巡目で巨人に入団。

09年途中から中堅のレギュラーを獲得。129試合に出場し、打率・293の好成績を残し、日本一に貢献。同年の新人王に選出された。

身長168センチ。プロ野球選手としては決して恵まれた体格ではなかったが、松本は圧倒的なスピードを武器に、稲妻のごとく強烈な輝きを放った。

ジャイアンツ、松本哲也11年間の現役生活から引退だって 一押しの選手だったからとっても残念です 守備走塁コーチとして残ってくれないかな 現役生活お疲れ様でした‼

相川亮二捕手

コーチの話もいただいて、考えて考え抜いた結果が引退でした。23年間、ありがとうございました。

相川は3日の引退表明後、ヤクルト戦(神宮球場)の九回に代打で登場。遊撃への内野安打を放ち、プロ最終打席で有終の美を飾った。

巨人の相川選手、引退だなぁ。 プロ野球人生、お疲れ様でした! pic.twitter.com/o6sgbbxleT

▼FA3球団で活躍、23年間のプロ野球選手

相川は1994年ドラフト5位で横浜に入団。2004年に正捕手の座をつかむと、07年には初のオールスター出場を果たした。

フリーエージェント(FA)権を行使して2009年からヤクルトに、15年から巨人に移籍して23年間プレーした。

相川引退 横浜→ヤクルト→巨人を渡り歩いて23年 本当にお疲れ様でした❗ #相川亮二 pic.twitter.com/ihEtA9qTYR

相川とかめっちゃ好きでもない選手だったけれど、やっぱり球界を支えて来たような選手の引退は泣いてしまう。 pic.twitter.com/fifMhN1emH

片岡治大野手

幾度となく、足で勝利を引き寄せた平成のスピードスターが、ユニホームを脱ぐ決断を下した。

13年目の今季は右膝の故障に苦しみプロ初の1軍出場なしに終わり、10月1日に34歳の若さで現役引退を発表した。

▼西武時代の4年連続盗塁王はスゴイ!

1 2