1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

cryptlerさん

そもそも仮想通貨って何?

公式サイト

解説動画

概要

リップルというのは、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発が進められている、金融商品の決済・送金システム

そして、このリップルというシステムの中で「仲介通貨」として使用されるのが「XRP」という仮想通貨です。

かんたんに言うとリップルが提供する「XRP」という通貨を使って送金を簡単に低コストでしようということです。

つまり

技術的な観点からXRP Ledgerは RippleNet内で独立したコネクターとして振舞います。だから絵に描くとこうなります。 pic.twitter.com/pI1WAwa5Q9

発行量

目標

Ripple は「国際送金」を変革すべく、世界中の銀行と協働しています。私達のビジョンは、今日情報が瞬時に移動できるのと同じように価値が移動することを可能にし、「価値のインターネット」を実現することです。

将来性

1XRP=100円になったとしましょう

2017年10月時点、約20円

1,000億XRPしかなければ10兆円しか送金できないってことになりますよね。

米ドル円が1日で取引される量が2016年4月時点で90兆円。

つまり、世界中で国際送金をしようと思うと、XRPの価値が100円では数に限りのあるXRPでまかなえないことはあきらかです。

主要ニュース

1 2