1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

itomama1826さん

いよいよ冬に近づいてきましたね^^
寒さ本番のまえにそろえておきたいのが防寒下着!
おしゃれはしたいけど寒いのはいや!
そんなあなたに洋服の中に着れる暖かい防寒下着をご紹介します☆

♡第6位 しまむら ファイバーヒート♡

2倍の柔らかさインナー」は生地がしっとりしていて心地よい肌触りが良いようです。

「厚インナー」は厚みのある生地で裏起毛があり、しっかり暖かく保湿力があるという声があります。
私も愛用していますが、「2倍の柔らかさインナー」はしっとりサラサラという感じです。「厚インナー」はヒヤッとせず、生地に厚みがあるのにもたつく感じはありません。
そしてどちらもしっかり伸縮性があり、体に沿うようにフィットします。

一昨日に妻が「しまむら」で買って来てくれた”ファイバーヒート”と言う下着です。

値段は天下の「しまむら」ですから980円と、ヒートテックより遥かに安いです。

ユニクロの様に広告費を掛けてませんから、その分安いんでしょうねぇ。

更に12/13~15 レジにて30%OFFと言うチラシも入ったみたいで。

今日はタイツを買って来よう...と思います。



個人的にはユニクロのヒートテックの2倍以上暖かく感じます。

肌触りもスベスベで気持ちがいいし。

自己体温で暖かくなる言う繊維開発された下着らしいですから、温かくて当たり前なんでしょうが。

今回 初めて着ましたが、これほど温かいとは思いませんでした。



昨日風呂に入った後に着て観たら、確かに下着とパジャマだけでも寒く感じない。

これはヒートテックよりも”暖かい”と言う点では優れているかも知れないと思ってます。



で、今年一番の冷え込み...それじゃ電気毛布入れればいいじゃん。と電源ONしたのですが。

若しかしたら下着が暖か過ぎて夜中に目が覚めるかも?って、心配していた事が現実となってしまいました!

しまむらのファイバーヒートは安くて、試しやすいですよね♡
"厚"バージョンも発売されているので、真冬には重宝しそうですね!

♡第5位 グンゼ ホットマジック♡

夫の冬用肌着前シーズンのHOTMAGICがお買い得だったので購入。
寒くなるとこのタイプの肌着は、各メーカーで一斉に発売されますが、我が家は断然グンゼ派です。
理由は、生地のなめらかさ&しっとり感 そして伸縮性です。他社製品だと、ワンシーズンでビローンと伸びた感じがありますが、こちらはフィット感が持続します。
タグがプリントなのも◎ オススメです!

お試しで初めての購入でしたが、こんなに暖かいとは。
昨年、ユニクロの商品を買いましたが、それとは全く別次元で、身につけてしばらくすると
徐々に暖かさがシャツから体に反射してくるような感じです。
白を購入したので普段使いにも問題なく、長袖でなく半袖なので着替えの時にも特に周りにも気を遣うこと無くいい感じです。
また色がオフホワイトなので視覚的にも余計に暖かさを感じます。
2枚しか買わなかったのでまた購入するつもりです。

日本製のグンゼ、ホットマジック☆
バリエーションはそんなに多くはないですが、品質は一級品です!
薄いのに暖かい、インナーにはうれしいですね^^

♡第4位 トップバリュー ピースフィット♡

『ピースフィット しっとりなめらか 8分袖』のほうは、ピタッと肌に張り付くような着心地です。
肌に触れたときの感触は、しっとりとしていて冷たさはありません。

料理用の秤で重さを計ってみたら‥‥、
『ヒートテック UネックT(8分袖)』は92g。
『ピースフィット しっとりなめらか 8分袖』は95gでした。

ピースフィットは、イオンが販売する機能性インナーの総称です。

秋冬用のしっとりなめらか/瞬間温感シリーズの特徴としては、太さの異なる2種類のアクリル繊維を撚り合わせるといった独自の機能性繊維により、着た瞬間からあたたかい"瞬間温感"を実現していることです。(生地の表面が凹凸になることで、肌への接触面が減る&生まれる空隙に空気がとどまり、あたたかさが長続きする)

アウターに合わせて選べる"えりバリエーション"が3パターン(ネック狭め、ふつう、ネック広め)用意されていることや、背中部分が二重になった"背中二重"タイプがあることなど、選択できる自由さが、他ブランドと大きく異るところです。

通常タイプに比べて生地の厚さが約2倍の『厚地』タイプ(裏起毛&綿入り)も、昨年度から販売されています。

安心のトップバリューブランド!
7分袖じゃ短い、10分袖だと伸びてしまう。。
そんな方たちに嬉しい、8分袖も販売されています☆

♡第3位 GU あったかスタイル♡

綿95%なので肌に触れてもひやっとしません。

生地も厚手なのでインナーとしてはもちろん、普通のTシャツのように見せるような着方もできるので幅広い着こなしができます。

クルーネックとタートルネックしかないのがちょっと残念ではありますが、持っていればかなり使える1枚です!

同じ価格で裏起毛の「ウォームコットンブレンドクルーネックT(エクストラ)」というタイプも発売されているので、今度はよりあたたかそうなこちらに挑戦してみたいと思っています。

まだユニクロのヒートテックがここまで種類豊富ではなかったころ、首元の開きが広いニットからヒートテックが見えてしまって困っていました。

そんなときにGUではすでに首元が大きく開いたものが発売されていたのです!

この「ワイドUネックT」は今年も発売されていますが、背中まで広く空いているデザインは他にあまりないので、冬でも露出の多い若い子には良さそうですね。

暖かさはヒートテックと比べても大差なかったように思います。

ですが生地はちょっと心もとなく、ヒートテックよりも早く寿命が来てしまいました。

でもこの価格なので、1年着られれば充分だと思います。

GUのウオームコットンはなんといっても安い!
それなのに他の防寒下着と大差ないとなると、欲しくなっちゃいますよね^^
いろいろな柄や色、形がそろっているのも女性にとっては嬉しいポイント♡

♡第2位 ユニクロ 超極暖♡

昔のぼくは「アウターを増やす」防寒対策をしていましたが、アウターの隙間から入る冷たい風を防ぐことはできず、試行錯誤をしていました。

ユニクロのヒートテックを利用し始めてから気づいたことは、「インターにこだわる」ことが防寒対策としてもっとも効果的だということです。

どうしてもぶ厚いアウターを購入することばかり考えてしまいますが、身体にフィットして、保温・発熱をしてくれるインターを使用していれば、アウターが薄手であっても寒い思いをすることはありません。

ぶ厚いアウターになればなるほど「モコッ」としてしまい、ファッション性が損なわれる場合がありますよね。

真冬でもビシっと着こなしたい、でも寒い思いはしたくない人ほど、インターにこだわってみるといいですよ!

ぼくがそうだったように”肌着”のイメージがガラッと変わると思います。

極暖ヒートテックは、ノーマルのヒートテックに比べると少しだけ厚いですが、かなり薄いです。

特殊な編み地を使用して、しかも裏地には起毛加工をしており、保温だけではなく、発熱の効果もあるんですね。

やわらかいストレッチ素材を使用しており、ピタッとしたインターであるにも関わらず動きやすいです。

真冬にさしかかった12月、パーカーのなかに着ると少し汗ばむほど。
本当に暖かいですよ!

防寒下着といえばユニクロのヒートテックですよね!
そのユニクロから、さらに進化した"超極暖"が発売されました☆名前からして暖かそうですが、名前だけじゃなく冬でも汗ばむほどの保温性です!
腕のところも締まっていて隙間風を受け付けません^^

♡第1位 ベルメゾン ホットコット♡

ベルメゾン ホットコットは、吸湿発熱機能のオリジナル糸を使用した天然素材 綿混紡率95%の機能性ヒートインナー!

ユニクロ ヒートテックよりもあたたかいと口コミで人気になっているのですが、2016年リニューアルしたホットコットはさらにあたたかく着心地もよくなりました。

人生最大体重更新中のため、ホットコットがムチムチのピタンピタンって感じになっていますが、二の腕むっちり・お腹ぽっこりでも大丈夫!

伸びがいいので苦しくないし、とにかく快適な着心地です。

最新版ホットコットは+0.8℃もあたたかく改良されたので、化繊100%インナーと比較すると綿95%のホットコットは2.5℃あたたかいという計算になります。

リニューアル前のホットコットを着ている人たちに、新商品のホットコットを着てもらったところ、98.1%があたたかくなったと回答。

0.8℃の違いは明らかで、さらなるあたたかさを届けてくれているってことですね。

そしてホットコットのあたたか効果は洗濯しても半永久的に持続!

ベルメゾンのホットコットは、ほとんどが天然素材で出来ているのでインナーとして服の下に重ね着してもチクチクしません!
授乳用のホットコットがあるのもうれしい優しさですね♡

1 2