1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ノーベル平和賞に反核団体「ICAN」日本との関係が意外と深い

ことしのノーベル平和賞に核兵器の廃絶を目指す国際NGO「核兵器廃絶キャンペーン」が選ばれました。経緯や理由が気になります。

更新日: 2017年10月07日

8 お気に入り 26635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2017年のノーベル平和賞はNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」

ノルウェーのオスロにある選考委員会は日本時間の6日午後6時、ことしのノーベル平和賞に

国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に授与すると発表した。

「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)とはどんな団体

ICAN(アイキャン)は2007年にオーストラリアのメルボルンで結成

スイスのジュネーブに本部を置くICANは100か国、450以上の団体が加盟している

核兵器廃絶への世界的な機運を高めるため、各国政府や市民団体への働き掛けや、連携に向けた調整を行ってきている。

・日本原水爆被害者団体協議会(被団協)とも連携

核兵器廃絶を目指し、核保有国を含めて各国政府への働きかけや一般に向けたキャンペーンを進めてきた。

今年7月に国連で実現した核兵器を法的に禁止する初の条約制定でも、NGOとして多国間交渉に積極的に関わるなど重要な役割を担った。

ノーベル賞委員会は経緯や理由を説明

「核兵器がもたらす壊滅的な結末への注目を高め、条約の採択などに向けた画期的な努力をたたえて授賞する」と評価

広島と長崎への原爆投下から70年以上が経過し、北朝鮮の核開発をめぐる緊張が高まる中、ノーベル賞委員会はICANの核兵器廃絶に向けた不断の努力を強調

・「核兵器禁止条約」など核廃絶の努力を促した意図も

条約は2017年7月に122の国と地域の賛成で国連で採択されたものの、アメリカやロシアなどの核保有国や、アメリカの「核の傘」に入る日本や韓国は参加していない。

北朝鮮は核開発を急ピッチで進めており、ノーベル賞委員会は国際社会に核廃絶の努力を促した形

ICAN事務局長は「大変な名誉」と述べる

大変な名誉で、核兵器禁止条約の採択に向けて人々のたゆまない努力をたたえるものだ。核兵器の廃絶には時間がかかり一夜にして成し遂げられるものではない

禁止条約によって核保有国に対して核兵器をもつことが悪だと知らしめ、圧力をかけることができる

そもそも「ノーベル平和賞」とは

世界の平和に貢献した人物・団体に対して与えられる。必然的に全ノーベル賞中もっとも政治的な色合いが濃い。

国際紛争の調停、軍縮、人権など世界平和の実現に貢献した個人と団体に授与されてきた。1901年の設立から昨年までに、97人と20の団体が受賞。

1 2