1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

こじらせ料理女子にもおすすめ!「話題の料理本」5選

食べることは、生きること。

更新日: 2017年10月11日

ochomotyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
268 お気に入り 55245 view
お気に入り追加

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』を読了。料理学校を卒業したものの先を決めていなかった著者が、スーパーでのある親子との出会いから、ラジオ番組で料理を基礎から習いたい人を募集し、そうして集まった様々な女性達と料理をする話。載っているレシピも簡単で美味しそうだった。

技術指導だけに留まらない教室での体験を通して、「包丁が怖い」などと怯えていた受講生が自信をつけていく過程がドラマチックだ。

「実は編集者だけでなくこの本に関わった全員が料理苦手の“ダメ女"を自任する人たち。そのチームが惚れ込んで本作りしたから、必要とする読者に届くんだと思います。料理は女子力を量るとか窮屈なものじゃない、気楽な日常の営みなんだと伝わるといいですね」

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室/キャスリーン・フリン」読了。料理や食材の基本中の基本を学ぶだけなんだけど、面白かった。片付け本を読んで片付けのモチベーションをあげるみたいに、冷蔵庫の整理がしたくなる感じ。あとアメリカ人は単純なとこが良い。さすがchangeの国。

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』キャスリーン・フリン/村井理子 訳(きこ書房)。翻訳ノンフィクションはあまり得意じゃないけど、面白くて最後まで読めた。お国柄の違いはあれど、共感できるところが多く、実に興味深い一冊。

『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』(キャスリーン・フリン)読了。料理がしたい!鶏さばきたい!野菜きざみたい!焼きたい、煮たい、食べたい!ーーってなりました、いやホント。インデックス付箋はりながら再読せねば。

どんな"ダメ女"たちが登場するのだろう?とページを開くと、どこにでもいそうな普通の人たち。皆の共通は料理が苦手ということ。 ほんの少しの知恵と工夫で人生が少しずつ好転していく様がいい。 からっとした明るさとハッピーのつまった本。… twitter.com/i/web/status/8…

歴メシ! 世界の歴史料理をおいしく食べる

最古のパン、中世のシチュー、ルネサンスの健康食、ヴェルサイユ宮殿の晩餐会etc…5000年の時を料理で旅する、再現料理レシピエッセイ。8時代40品のレシピを収録。

1 ギルガメシュの計らいー古代メソポタミア(紀元前3000〜紀元前400年頃)
2 ソクラテスの腹ごしらえー古代ギリシャ(紀元前800〜紀元400年頃)
3 カエサルの祝宴ー古代ローマ(紀元前600〜紀元400年頃)
4 リチャード3世の愉しみー中世イングランド(15世紀)
5 レオナルド・ダ・ヴィンチの厨房ールネサンス期イタリア(16世紀)
6 マリー・アントワネットの日常ーフランス・ブルボン朝(18世紀)
7 ユーゴーのごちそう会ーフランス・ナポレオン時代(19世紀)
8 ビスマルクの遺言ープロイセン王国&ドイツ帝国(19世紀後半)

『歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房)再入荷しました。ギルガメッシュが食べたかもしれないスープやマリーアントワネットが食した煮込み料理のレシピに偉人についてまとめたエッセイまでついて一粒で二度おいしい書籍となっております!実用書料理コーナーにて展開中です。実用書竹田

【オススメ:人文】『歴メシ!世界の歴史料理をおいしく食べる』(柏書房、本体価格1700円) 歴史上の人物が食べていた料理を再現!おいしく食べられる上に“SNS映え”もします! pic.twitter.com/8xLkwwBeg9

中世風アーモンドライス。アーモンドやクルミの食感がよく、レモンが爽やかでこれまた優しいお味。ハチミツかけたら風味が増してすごく美味しかった。ハチミツほんとにいい仕事するな。 #歴メシ #音食紀行 #中世イングランド料理 pic.twitter.com/zBv7t9LvL6

『歴メシ!』買いました。昔のレシピの完全再現ではなく、今いる人に食べてもらってこそ、という主旨でレシピが作成されています。各レシピの解説や当時の食料事情等の背景を書いた読み物の部分も読みやすくてよいです。

『歴メシ!』予想していた以上に、カラフルで、ポップで、コラムやちっちゃな図版やイラストも散りばめられて、そこそこ厚いのにかわいくて、歴史がいとおしくなりそうな本です(=゚ω゚) #音食紀行 pic.twitter.com/NYO0s0SvMP

帰りみち、書店で音食紀行さんの歴メシを発見。少し読んでみて、時代背景の解説の濃さと、本当にこれ自宅の冷蔵庫のもので作れる...!って期待膨らんでレジに直行したよ #音食紀行 pic.twitter.com/RjcUysDBPz

すごい…!すごいぞ音食紀行!!これ1冊あれば、自分ちの食卓をタイムスリップさせられるよ!!! >RT

世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ

人気レシピブログ「はらぺこグリズリーの料理ブログ」を運営する“手抜き料理研究家”が行き着いた哲学は、「適当で楽で安く済んで、でも美味しい料理こそ、本当に必要な料理じゃないだろうか?」ということ。

単身者はもちろんのこと、既婚者であっても意外と多い「ひとり飯」の機会。自分ひとり分だし、手間もお金もかけたくはないけれど、できれば満足度の高い食事がしたい。

そんな気持ちにフィットする、ありがたいレシピ満載の新書が、スマッシュヒット中だ。

材料は簡単に手に入るもの、かつ一円単位で値段も明記。簡単で美味しいからこそ、料理のモチベーションが湧く!

明日発売の「ダ・ヴィンチ」の「旬の本棚」のページに光文社新書『世界一美味しい煮卵の作り方』(はらぺこグリズリー著)が紹介されています。昨日、増刷が決まりました。27万部突破! 先日の「ZIP」でも紹介されて、話題沸騰中です! pic.twitter.com/vo4sDDJqgC

最近いちばんのヒット本。 はらぺこグリズリーさん著、世界一美味しい煮卵の作り方。タイトル秀逸すぎ。 レシピ本なんだけど、この煮卵のレシピが1ページ目に載ってるの。出し惜しみなし。ほんっっっとにレシピが簡単。そしてぜんぶ美味しそう。… twitter.com/i/web/status/9…

『世界一美味しい煮卵の作り方』っていう本がある‼︎ びっくりして調べたら他のレシピものってるのね、しかも1人分のレシピ…

おつまみから主食、デザートのレシピまで。

1 2





ochomotyさん