1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

cryptlerさん

そもそも仮想通貨って何?

概要

イーサリアム(Ethereum)はビットコインと同じく「仮想通貨」です。

仮想通貨」の中でビットコインに次ぐ第2位です。(2017年10月現在)

イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブリテンという人物によって設計が始められました。2014年7月には販売が開始され、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引がスタートしました。

イーサリアムは開発者チームは存在しますがビットコインと同様に中央管理をする団体は存在しません。

目標

ETHという仮想通貨によって、「スマートコントラクト」を実現しようという目的があります。

スマートコントラクトというのは、契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組みです。

特徴

イーサリアムのスマートコントラクトは、過去に交わされた契約内容をネットワーク上で半永久的に保存することが可能です。

契約の経緯や権利譲渡などの履歴を保存することで、信用情報が自動的に蓄積されます。

取引で行われるすべての契約内容は、分散型ネットワークであるブロックチェーンに書き込まれますので、世界中の誰もがいつでも内容を精査・監査できるようになっております。

また、不特定多数の人の目に常時さらされることで、偽造・改ざんは困難です。そのため、非常に信頼性の高いシステムといえます。

「決済システム」が主のビットコインに対し、イーサリアムは「アプリケーション作成の‟プラットホーム”」です。イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成する事ができます。

ビットコインのブロックチェーンを利用してアプリケーションを作成する事も可能ですがイーサリアムはビットコインよりも柔軟に設計されている為により幅の広いアプリケーションを作成することが可能です。

将来性

例えば、株を購入することについてお話しましょう。株を購入するには証券会社で購入ができますが、実際にお金の流れで考えてみると、購入者から銀行にお金が渡り、そこから証券会社へとお金が渡ります。
ここで銀行は仲介をしていますが、このスマートコントラクトでは購入者⇒証券会社へ直接取引を行うことができるようになるのです。
他にも不動産の登記、住民票の記載、公共料金や年金などの支払記録、保険契約など他にも様々な部分で利用することができるでしょう。
従来の流れ:購入者⇒銀行⇒証券会社
スマートコントラクト:購入者⇒証券会社

提携

ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサリアム」の技術の幅広い活用を目指す企業連合に三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ自動車の子会社が参加することが22日、わかった。イーサリアムは仮想通貨のやり取りだけでなく、所有権の移転や契約の自動執行など様々な企業間取引への応用が期待されている。連合に参画して標準仕様づくりに加わる。

他にもたくさんある仮想通貨の各特長のまとめ

ビットコインとは

リップル(XRP)とは

ドラゴンチェーンとは

1