1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朗読教室からパパ活まで!やっぱり見たい恋愛系「秋ドラマ」

民放ドラマは「刑事ドラマ」「医療ドラマ」全盛ながら、やっぱり見たい「恋愛ドラマ」。朗読教室版「shall we ダンス?」の「この声をきみに」、ラブ&サスペンス「恋する香港」、地上波に初登場「パパ活」、ラブホスタッフが恋愛指南「ラブホの上野さん2」、恋愛下手なオトナを再教育「オトナ高校」。

更新日: 2017年12月10日

21 お気に入り 75309 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

朗読教室版『shall we ダンス?』な大人のラブストーリー

◆『この声をきみに』(毎週金曜夜10時放送中、NHK)

竹野内豊が、NHK総合にて9月8日からスタートするドラマ『この声をきみに』に主演することがわかった。竹野内はNHKドラマ初主演。偏屈で冴えない46歳の数学者を演じる。

話すことが苦手で学生からの人気もなく、妻に愛想を尽かされて子供とともに家を出て行かれてしまった穂波孝(竹野内)が、小さな朗読教室を舞台に人とのつながりを再認識していく感動ドラマ。

声の交流を通して、主人公が女教師と「愛」や「人生」のレッスンを重ね、 個性的な生徒たちと一緒に、成長をしていく姿をキュートに、ロマンチックに描きます。

本作は、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」や「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」、連続テレビ小説「あさが来た」の脚本を手掛ける大森美香が描く。

磯智明は大森美香と話し合って「大人が楽しめるラブストリーを作りたい」と考え、社交ダンスを題材にした映画『shall we ダンス?』のような作品にしようと思い立ったと語っていた。

磯智明=番組プロデューサー

この声をきみに観て、くじらぐもでマジ泣きして、いよいよな大人の恋愛の予感にアアアアァ!ってなって、今から爽やかっぽい作詞をするというこの心の振れ幅たるやぁぁぁぁぁ #この声をきみに #JUJU #いいわけ

この声をきみに第3話リアタイ。何かすげー泣いた。泣かせるぞって感じじゃないんだけど、涙腺がジワる。子供の話出されるのまず弱いし、竹野内の心の壁が徐々に崩れてく過程ね。いいよね。ヒューマンドラマとか恋愛とかコメディーとか色んな要素ぶっこまれてて、気持ちが落ち着くようで落ち着かない!

この声をきみに視聴終了。 いやぁ、本当続き楽しみだわぁ。 朗読の成長と、恋愛への発展と、家族との決別がどう転ぶかが見ものですな。

香港を舞台にしたラブ&サスペンス

◆『恋する香港』(10月10日放送開始、TBS)

俳優の吉沢亮さんと女優の小池栄子さんが10月スタートの連続ドラマ「恋する香港」(MBS・TBS)でダブル主演を務める。

2017年秋の香港を舞台に、それぞれの問題を抱える男女5人が突如事件に巻き込まれていくさまを、サスペンス、フェイクドキュメンタリー、ラブストーリーの要素を交えて描く群像劇。

今回が初共演となる小池栄子と吉沢亮。それぞれ、マッチングサイトでやりとりをしている香港人男性に会うため日本から香港にやってきた真樹役、ドキュメンタリー番組を撮影しているディレクターの山田健太役をそれぞれ演じる。

2017年秋の香港の街を舞台に、最新の街並み、ファッション、グルメ、世相も切り取りながら、旅の持つ独特の冒険的な空気感が漂う新しいロードムービー。

10月からMBSの深夜枠で「恋する香港」ってドラマが放送予定だとか。 1番興味を持ったのはオール香港ロケ。 大澳とか火藥洲とかマニアックな場所のラブストーリーを想像しています。

恋する香港の恋愛要素って吉沢氏もなのかな??? 小池栄子さんとだといいなぁ~小池栄子さん綺麗すぎじゃあ~

てか、恋する香港の恋愛要素は 吉沢亮×小池栄子だといいは 馬場ふみかちゃん可愛いけど、君まだ吉沢亮はやい

「パパ活」から始まるスキャンダラスな恋

◆『パパ活』(10月11日地上波放送開始、フジ)

”パパ活”を通じて知り合い、隠されていた真実に直面しながら衝撃的な運命へと導かれる45歳大学講師と、ごく普通の20歳の女子大生をそれぞれ演じる。

いま話題の現代の新たな男女関係をテーマに“スキャンダラス”なラブストーリーを描く。

1 2 3