倒錯の帰結 (講談社文庫)

倒錯の帰結

作者:折原一

絶海の孤島で起こる連続密室殺人を描いた「首吊り島」、都会で発生した監禁事件を描く「監禁者」、そして二つの話が交差する「倒錯の帰結」の三部構成です。袋とじは最後にお楽しみください。

この情報が含まれているまとめはこちら

本自体に特殊な仕掛けがあるから二度驚けるミステリ小説7選

ミステリー小説、推理小説と言えばその内容に驚天動地のトリックが仕掛けてあるのは誰もが知るところです。しかしストーリーだけでなく、本そのものにもギミックが仕込まれていたとしたら。。。何だか考えただけでもワクワクしてきますよね。ミステリ好きにはたまらない、そんな一冊で二度おいしい小説を紹介します。

このまとめを見る