レッドブック ワルツの雨

レッドブック ワルツの雨

作者:RE(清涼院流水と飯野賢治のユニット)

一回目は普通に呼んで、二回目は空白の部分を鉛筆でこすって読むという斬新な形式の小説です。一回目と二回目で異なる読後感を味わえます。
ストーリーは絶望に取り憑かれた女と逃げ場を求めている男、二人がレッドブックの地で出会うとき、運命は動き出すというものです。

この情報が含まれているまとめはこちら

本自体に特殊な仕掛けがあるから二度驚けるミステリ小説7選

ミステリー小説、推理小説と言えばその内容に驚天動地のトリックが仕掛けてあるのは誰もが知るところです。しかしストーリーだけでなく、本そのものにもギミックが仕込まれていたとしたら。。。何だか考えただけでもワクワクしてきますよね。ミステリ好きにはたまらない、そんな一冊で二度おいしい小説を紹介します。

このまとめを見る