1. まとめトップ

2017年オフシーズンが今年は例年以上に加熱する!!

大谷翔平選手のポスティングによる大リーグ移籍は確定的。またセ・リーグのホームラン王ゲレーロ選手が中日を退団し、争奪戦に発展する事は必至。その他のFA権獲得組の動向にも大きな注目が集まります。

更新日: 2017年10月08日

1 お気に入り 1907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sugiyan9さん

大谷翔平最後の登板試合 スタメンの出身高校___ ✍ 松本 帝京 石井 作新学院 中田 大阪桐蔭 大谷 花巻東 横尾 日大三 田中 東福岡 大田 東海大相模 森山 星稜 大野 岐阜総合学園

◆先ずは大谷翔平選手

日本人最速の165キロを投手では投げ、日本でのラスト登板は完封で締めました。やはり役者が違います。打者でも反対方向にホームランを打てるパワーと打撃センスは大きな魅力と言えます。

#サンデーモーニング 張さんの喝は通じない。日ハムは大谷入団にあたって大谷と約束したことだから。しかし私は日ハムと日本のプロ野球に渇だ。大谷がメジャーに行くために一年がかりで一線復帰に備えた。しかし日本のプロ野球界はこれだけ選手を大事にしない。未だケガは自分持ちが殆どだ。

メジャー最高球速は170キロのチャップマン。しかも左投手。この球を打ち返すのは至難の業に思えるが、世界最高峰の選手がいる。、メジャーでは打ち崩す事もある。大谷翔平投手もストレート主体では脆さを露呈する可能性も?

◆メジャーに言ってもトップクラスのストレート

◆年俸は?

10億円は堅いでしょうね。後はどれくらい、獲得できた球団が将来性に期待してどれだけ上積みしてくるかです。メジャーの舞台で、活躍すれば、日本球界の何倍もの年俸が稼げます。

◆中日ゲレーロが退団/3年・15億円を要求!!交渉決裂!!

今季、セ・リーグホームラン王に輝いた、中日ドラゴンズのゲレーロ選手が、来季の年俸で折り合わず退団が決定。獲得に興味を示しておた阪神タイガースも、「うちが参戦出来るマネーゲームではない」と年俸がかなり高い事を示唆した。

◆そうなるとマネーゲームに参戦しているチームは?

1番考えられるのは、今季も打力に泣かされた巨人が真っ先に浮かぶ。しかし、巨人は昨年40億円補強をしながら、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を逃している。非常に巨人としても若手を取るか即戦力を取るか悩みどころ。

巨人はゲレーロ欲しいだろうな……。巨人戦や東京ドームでよく打ってる

ソフトバンクも興味を示しているが、ソフトバンクは現状の戦力でぶっちぎりのリーグ制覇を成し遂げている。敢えてギャンブルプレーに出る必要はないが、補強に抜かりがないのがソフトバンク。

◆ソフトバンクも参戦か?

◆FA権を取得した大物2人

広島の丸選手。ソフトバンクの柳田選手。もし、FA権を行使したなら、争奪戦は避けられないが、丸選手も柳田選手も今の環境が1番合っている。その為、この2人はFA権を行使しない可能性が高い。行使した場合は大争奪戦になる事は間違いない。

琢郎の後任はとても重要。というのも、丸が「広島の黄金時代を作りたい」と言っている以上、黄金時代を担える打撃コーチでなければならないからだ。ここで、打線が衰えてしまうと、黄金時代は作れない→丸をはじめとした主力がFA流出、というリスクが出てくる。だから、琢郎の後任は重要。#carp

◆忘れてはいけないドラフト会議

ドラフト会議で選手を獲得する為に戦力外通告が既に行われている。新しい選手も入ってくれば、戦力外通告を受け球団をさる選手もいる。ドラフトで獲得する選手の分、枠を空けておかなければいけない。

1