類さんの幼少期は、保育園の合唱の声を嫌がったり、図工に興味を示さなかったといいます。保育園の先生などに「類くんだけ、○○ができません」「普通○歳になったら、できるのに」とプレッシャーをかけられることも。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

エッセイ本が漫画化。「ネガティブだとは思わない」ADHDの栗原類と母の歩み

“ネガティブすぎるイケメンモデル”として注目を集める栗原類。発達障害(ADHD=注意欠陥多動性障害)である彼は母・泉さんの「柔軟な」子育てにより、多方面で活躍している。親子二人の歩みをまとめてみました。

このまとめを見る