1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

子供が徴兵に!?…今、世界各地の難民に起こっていることとは?

進む先進国の難民受け入れ規制、戦争に駆り出される子供、バングラデシュに逃れるロヒンギャ、世界各地の難民に起こっていることをまとめました。寄付も出来ます。

更新日: 2017年10月09日

22 お気に入り 138713 view
お気に入り追加

・ドイツが難民受け入れ抑制へ動き出した

ドイツのメディアによると、メルケル首相率いる保守与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は8日、難民らの年間受け入れ人数を20万人以下に抑制する方針を固めた。

CDU・CSUは9月の総選挙で第1党を維持したが、大きく議席を減らしたため国民に難民政策の厳格化を印象付ける狙いがある。

メルケル氏は受け入れ人数の上限設定に抵抗してきたが、選挙結果を受け具体的な数値を設けることに同意。

中道の自由民主党(FDP)、環境政党の90年連合・緑の党との3党連立政権樹立を目指した交渉で両党の同意を取り付け政権発足後、実行に移す構え

・アメリカでは難民の受け入れの上限が引き下げられる

アメリカのトランプ政権は次の年度の難民の受け入れの上限を、過去最も少ない4万5000人に引き下げると発表

これは1980年以降で最も低く、オバマ政権が設定した今の年度の半分以下となる。

9月30日に終わる17年度の受け入れ数はオバマ前大統領が11万人の上限を設定したが、トランプ大統領が就任後に大統領令で上限を5万人に引き下げていた。

世界的に人道に対する危機が広がる中、この受け入れ数は歴史的低水準であり、不十分だと前政権当局者などは批判している。

・イランでは難民に子供をシリア内戦に派兵している疑いが持たれている

イランが、政情不安が続くアフガニスタンから逃れた難民の子どもを兵士としてシリア内戦に送り込んでいる疑いがあると国際人権団体が指摘

2014年9月~16年10月に14~17歳で死亡したとされ、当時の激戦地シリア北部アレッポにいたと彫られた墓石もあった。

・バングラデシュではロヒンギャ難民の受け入れに苦慮している

ミャンマーによる掃討作戦の影響で数十万人規模の少数派イスラム教徒ロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れている

バングラデシュ政府は7日までに、国内にいるロヒンギャ約80万人を集中して収容する巨大難民施設を1カ所に建設する計画を明らかに

国内の難民キャンプに極めて大きな負担がかかっており、病気の流行などに対する懸念も高まっている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、最近約40日間にバングラデシュに脱出したロヒンギャは51万5000人を超えた。

国境付近の海や川で同様の事故に遭うケースは後を絶たず、地元警察によると9日までに140人以上が死亡した。

・日本でも関心の高いニュース

こんにちは戦場カメラマンの渡部陽一です。東南アジア・ミャンマー情勢。ミャンマー西部ラカイン州で続く少数民族ロヒンギャ難民問題。ミャンマー治安部隊から逃れるためにバングラデシュ側へ向かった避難ボートが転覆。40名以上が行方不明、23名が犠牲となりました。国際介入が阻まれている状況。

ロヒンギャ難民船転覆12人死亡=100人乗船か、大半不明―バングラデシュ(時事通信) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-… 実情なので、安全性確保、ハラール認証食文化等が整っていて、ロヒンギャの精神的な安定にもなる、イスラム教国で受け入れて欲しい。

ロビンギャの話をすると、いつもあーでもない、こーでもないと知ったか知識を振りかざす馬鹿が多いが、問題は現実に今どうなっているかだろ?あの難民キャンプや虐殺をみて、ザマーミロなんてよく言える! 過去から現在も未だ迫害されてる事実は存在するし、あの難民キャンプの子供達に罪はあるのか?

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew