1. まとめトップ

これからの時代、仮装通貨ビットコインが有効となるのか!

これからの時代、銀行を信用できるのか?ビットコインは仮想通貨ですが、発掘することもできるすごい世の中になってきています。手数料がかからないメリットもありこれからもっと私たちの近くにビットコインが存在するのではないでしょうか?投資する時期を選んで貯めたいものです。

更新日: 2017年10月09日

newzmapさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 250 view
お気に入り追加

ビットコイン

どんなものなのか?
中間マージンがないインターネットの中で使われるお金だと考えれば良いであろう。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。

出典:wikibedia

サイバー攻撃 世界的被害を受けた事件でビットコインの名が広まった!

画面には『あなたのファイルは暗号化されました』と表示され、すべてのファイルを無事に取り戻したければ、300ドル(約3万4,000円)分のビットコインを支払うよう要求!

通貨をビットコインでしはらうよう要求があった!

インターネット サイバー攻撃 身代金要求型ウイルス 世界で感染
ランサムウェアによるサイバー攻撃の被害はイギリスだけでなく、世界中に拡大。スペインでは大手通信会社や金融サービスなど、100社以上の企業がサイバー攻撃を受けたそうです。

日本時間の13日正午時点では、ヨーロッパだけでなく、アメリカやロシア、日本などを含む、99の国や地域で約7万5,000件の被害が出ていると伝えられています。

ビットコインのメリット こんなところがすごい!

政府でさえも奪うことが出来ない

2013年3月にキプロスで起こったことを思い出してください。中央銀行が10万ドル以上の無保険資本を取り戻そうとしました。そこで起こったのは一般利用者の預金に対する不安です。しかしビットコインであればこういったことは起こり得ません。

通貨は分散して保管されており、あなたのもとから離れてしまう事はありません。全部をコントロールできる権力は存在せず、銀行であろうともあなたのお金に手を付けることはできません。昔ながらの銀行システムからの脱却に一役かっています。

https://bitcoin-matome.info/bitcoin/melit-demerit/

誰も信用しなくてよい

行システムではお金の受け渡しには人を信用する必要があります。もちろん、銀行を信用する必要もあります。第3者の支払も、取引先も然りです。

そのために組織はあなたの重要な情報を必要とします。ビットコインではその必要は全くありません。取引はデジタル署名され安全です。知らない誰かであっても取引は完了します。取引先はあなたが誰であるか知る必要はありません。

https://bitcoin-matome.info/bitcoin/melit-demerit/

取り扱い通貨の数など、安心感を覚える「総合力」の高さといわれている!

24時間いつでも取引が可能
取引手数料が無料
安心の大手(2017年7月の月間出来高はBitFlyerに次ぐ国内2位)

coincheckは業界初となる「盗難補償サービス」を提供
仮想通貨業界にも補償を広げようとするcoincheckの試みは大変貴重です。

ビットコインで電気代を払う?coincheck でんきなど独創的なサービスも多数!
coincheckに登録し利用することで下記のサービスも利用することが可能となり、1つで完結させられるため大変便利です。特に、価格変動をお知らせしてくれる価格アラート、ビットコインで電気代が支払えるcoincheck でんきなどは手放せないサービスとなるかもしれません。

ゲームコンテンツ制作やFXやCFDの提供、物流サービスやWebサービスなど、幅広く事業を展開するDMMグループ。
いろいろなおもしろい事業を展開していることが多いですが、今回は仮想通貨のマイニング事業への参入を発表しました。事業開始の計画とともに、将来的には世界のマイニングフォームのトップ3に入る計画もあることを発表しました。

個人でも気軽に仮想通貨のマイニングができる時代が到来する?

9月7日にビットコインマイニング事業への参入を発表したのです。
今回GMOが仮想通貨の採掘事業に本格的に参入したことで、今後は恒常的にGMOを通じて仮想通貨のマイニングが行えるようになるかもしれません。
発表によると、2018年上半期に開始するとのことで、続報が待たれます。

強固なセキュリティなどビットフライヤーの主な3つの特徴

1多くの大手企業から出資を受け強固な資本体制

 SMBCベンチャーキャピタル
 みずほフィナンシャルグループ
 三菱UFJキャピタル
 第一生命
 三井住友海上キャピタル
 リクルート
 ベンチャーラボ
 SBIインベストメント
 電通
 GMOペイメントゲートウェイ
 GMOベンチャーパートナーズ
 インキュベイトファンド
 B Dash Ventures

2.最高強度のセキュリティとスピーディーな取引
ビットフライヤーには最高強度のDigiCert次世代暗号が使われており、コールドウォレットでコインは大切に保管されています。
また、bitWireを使えばコイン送金の際も10分も待つ必要はなく、わずか1秒で送金ができるためスピーディーに取引ができます。ビットコインアドレスの入力も要らないため手間もかかりません。

3.アカウントクラスによって利用サービスが異なる
ビットフライヤーのアカウントは、メールアドレスがあれば開設できます。
アカウントクラスは「ウォレットクラス」「トレードクラス」の2種類あります。ウォレットクラスでは、仮想通貨の預入・送付・日本円の入出金・Lightning Future(ビットコインの先物取引)・bitWire(ビットコイン決済)などができます。しかし、ビットコインやイーサリアムの購入や売却・Lightningの現物取引・LightningFXはできません。

そして、最大仮想通貨送付・決済額は10万円と制限があります。トレードクラスにアップグレードするには、メールアドレス以外に個人情報の登録や本人確認書類の提出などが必要です。
トレードクラスであれば、ウォレットクラスのできること・できないことがすべてできます。また、最大仮想通貨送付・決済額と最大仮想通貨売買金額ともに制限なしで利用できます。アカウント開設の際の要件は異なりますが、どちらも無料で開設できます。

取引増加中! ビットコイン

1 2





newzmapさん