1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

メモ帳より便利、といわれる『ジョッター』を持ち歩きたい。【5選】

ジョッターは「メモする人」の意味。

更新日: 2017年10月09日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
129 お気に入り 83259 view
お気に入り追加

▼ 「ジョッター」とは?

英語で「jot(メモする)」「jotter(メモする人/メモ帳)」に由来する、メモをとるために特化した文具です。

メモを挟む溝と用紙を数枚ストック出来るポケットのみという、とてもシンプルな作りになっています。サイズは手のひらに収まる程度で、5x3サイズ(125x75mm)の用紙を使用するタイプが多いようです。

従来のメモ帳では、破らない限りは不要なページも持ち歩いていたが、ジョッターメモの場合、不要なメモは捨てればいい。だから、かさばらずスーツの胸ポケットにも入れられる。

▼ 使ってみたいおしゃれな「ジョッター」を選んでみました。

◇ ROMEO ジョッターメモ

素材は革本来の質感を楽しめる植物性タンニンなめしと、耐熱性・柔軟性のある革になるクロムなめしの両方の加工で仕上げられています。

◇ カラーチャート ジョッター ペアグリーン

伊東屋オリジナルCOLOR CHARTシリーズカラフル、シンプルなデザインで、持つ方をスマートに演出します。

◇ memottala+

紙はしっかりとハードな作りで、立ったままでも書きやすい紙製ジョッター。反転させて畳むと手のひらにフィットするサイズ。

最近、常に持ち歩いてるペーパリーの新製品、カードケース一体型紙製ジョッターの「メモッタラ プラス」。とっさのメモにも、取材用メモにも、簡易カードケースにも使えて重宝してる。三菱鉛筆のシグノRT1がピッタリ収まるのが嬉しい。 pic.twitter.com/60bgJRuryt

◇ TOTONOE クリップボード

持ち運びも書き込みも自由自在。持ち運ぶ書類に、いつでも書き込みが出来たら便利だと思い、紙を留めるストッパーとポケットの付いたボードを作りました。

1 2





おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものを。サイトでは自分が気になるものを紹介しています。