22歳の時、周囲に勧められて精神科やカウンセリングを受診した。だが、信じてくれる人は少なかった。「うそだよね」「男性の被害なんて聞いたことがない」。面と向かって言われたこともある。ようやく信じてくれる医師と出会えたと思っても、「女性ならともかく男性なんだし」と深刻に受け取ってもらえず、「気にしないことだね」と笑って言われた。3年間で相談した医師やカウンセラーは30人超。逆に苦しみが増すだけだった。受診するのはやめた。

出典あなたは、夫の暴力・DVを容認していませんか? 暴力のある家庭環境で暮らす子どもの心を守ることを忘れていませんか?:<毎日新聞>性暴力の現場で/1 男性被害者 信じてもらえぬ苦しみ /群馬

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

残酷すぎる…男性が被害に遭うメイル・レイプの実態

レイプや性的暴行は男性が女性に行うものとは限りません。男性が男性に、女性が男性におぞましい恐怖を与えている実態を私たちは直視すべきです。

このまとめを見る