「気づかぬ間に、僕のズボンは下ろされ、彼は僕の上にいた。

思い出せるのは痛みだけで、僕を襲った激しい恐怖のせいか、視界は徐々にぼやけていった。」

「僕は仕事に行くため家を出たけれど、彼はまだ僕の部屋にいた。

仕事から帰ってきた時に、自分の部屋にまだ彼がいるかと思うと恐ろしかった。この悪夢は、何週間も僕の頭から離れなかった。」

出典「僕は男性に襲われました」被害者が男性へのレイプの深刻さを訴える | Letibee Life

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

残酷すぎる…男性が被害に遭うメイル・レイプの実態

レイプや性的暴行は男性が女性に行うものとは限りません。男性が男性に、女性が男性におぞましい恐怖を与えている実態を私たちは直視すべきです。

このまとめを見る