1. まとめトップ

週間Steam通信#53(2017年10月7日~10月13日)

『Mashinky』『Anamorphine』「The Evil Within 2」『The Mummy Demastered』『雷電V ディレクターズカット』 「スターオーシャン4」『ダーケストダンジョン』

更新日: 2017年10月13日

0 お気に入り 1621 view
お気に入り追加

・「スターオーシャン4」HDリマスター版のSteam配信決定

「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-」は、2009年にXbox 360向けに発売されたスターオーシャンシリーズの第4作目。翌年の2010年にはPS3向けに「スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- INTERNATIONAL」が発売されていたが、そのPS3版を4K&フルHDリマスター化し、PS4とPC向けにリリースする。

出典https://corriente.top/post-51298/

シリーズ中最も過去の時代となる“人類が初めて星の海へと歩みだす時代”。
第三次世界大戦後、大量破壊兵器により荒廃した地球から、希望を求め初めて外宇宙へと進出していく地球人の青年たちが未開の惑星を訪れ、地球とは異なる文明と出会う、彼らの成長と壮大な宇宙開拓を描きます。

4K&フルHDリマスター版は、11月28日にPS4/PC(Steam)向けに2,800円(税抜)でダウンロード専用で発売予定。

PS4版の予約販売は10月12日から開始されますが、PC版の早期購入特典並びに予約販売の開始時期はまだ明らかになっていません。

・「The Evil Within 2」が配信開始、日本語は10月19日から

ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジアは、10月19日に国内発売を予定しているプレイステーション 4/Xbox One用「PSYCHO BREAK 2」のPC版を、北米時間10月13日にSTEAMで「THE EVIL WITHIN 2」として発売する。

日本語音声、日本語字幕は10月19日に配信予定。

前作『PSYCHOBREAK』は「日本ゲーム大賞2014・フューチャー部門」や「PlayStation Awards 2014 ユーザーズチョイス賞」など数々の賞を獲得し国内外で高い評価を得ました。

今作の主人公は、前作に引き続き「セバスチャン・カステヤノス」。職も家族も希望も全てを失い不幸のどん底にいた。ところが、亡くなったと思われていた娘「リリー」が生きていることを告げられる。謎の組織「メビウス」によって、STEM の世界を創り上げる新たな実験の被験者にされているリリー。

彼は娘を救い出すため、自身の人生を破滅に追い込んだ元凶である、「メビウス」という謎の組織に協力する以外の方法はない。贖罪に至る最後の希望、この悲劇から抜け出すために、彼は再び悪夢の世界に戻ることを余儀なくされる…。

・鉄道運営SLG『Mashinky』早期アクセス開始

早期アクセスの予定期間も最大2年

個人開発者Jan Zeleny氏は10月6日、Steamにて『Mashinky』の早期アクセス版を配信開始した。価格は2480円。

『Mashinky』はのどかなヨーロッパの辺境で鉄道会社を運営するシミュレーションゲームだ。開発者のZelený氏は「子ども時代に遊んだTycoon作品の復活」というコンセプトをかかげて本作の制作に取り組んでいる。

リアル調のグラフィックと、見やすいボードゲームのようなグリッド調のビジュアルを切り替えるシステムを採用しており、見やすいグリッド調で線路を整備し、汽車を走らせた際にはリアル調のグラフィックでながめるといった楽しみ方ができる。

ローカライズについては、有志翻訳のボランティアを募る形式を採用しており、日本語についてはすでに90%に近い達成率になっているので、ゲーム全体を日本語でプレイできる日もそう遠くなさそう

・病んだ男の精神世界を歩んでいくADV『Anamorphine』2017年配信予定

『Anamorphine』は、セリフなし、ボイスやカットシーンなし、ユーザーインターフェースなし、移動以外のアクションボタンなし、という削ぎ落とした構成でのストーリーテリングを試みる、一種の一人称視点アドベンチャーゲーム。

この壊れた精神の旅は、エレナの過去の姿が時折登場する思い出が詰まった部屋をはじめ、どう考えても地球上ではない異星の花が怪しく咲き誇る環境や、恐らくエレナが出演したのであろう劇場など、さまざまな場所に飛んでいく。

進行は、すでに述べたようにアクションや謎解きなどはほぼないので、トリガーとなるポイントにたどり着くと、世界が溶け合わさって次のシーンになるという形。もちろん、その中に登場するエレナの姿や、起こっている事象から、過去に何があったのかを察していくことができる(察しなくてもいいのだが、多分はっきり伝えて欲しいタイプの人には向いていないソフト)

また『サイコブレイク』シリーズや『Layers of Fear』などのホラーゲームに見られるような、「後ろを向いてみたらさっきはなかったものが突然登場している」とか、「見慣れた部屋の構造が盛大にバグった感じに出てくる」といった視覚ギミックもいろいろ用意されており、あくまでホラーではないのだが、なかなか精神的にクるものがある。

・トム・クルーズ主演映画をゲーム化『The Mummy Demastered』

1 2





Steamを国内で盛り上げたいという想いでYoutube配信しています
https://goo.gl/SOTFLV
Twitter
https://goo.gl/sfzFvM
よろしくお願いします!