1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本版GPS構築へ「みちびき」4号機打ち上げ成功に期待の声

日本版GPSとして期待されていた「みちびき4号機」が無事打ち上げに成功…今後の運用などに期待の声が広がっています。

更新日: 2017年10月10日

10 お気に入り 16014 view
お気に入り追加

日本版GPS衛星「みちびき4号」の打ち上げが成功

「みちびき」の4号機が10日午前7時すぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットの36号機で打ち上げられました。

衛星は約28分後にロケットから分離され、予定の軌道に投入された。打ち上げは成功した。

みちびきは日本の独自の測位衛星で、来年度から4基体制による本格運用が始まる。

みちびきの役目は、米国のGPSを補完する日本独自の測位衛星

今年度に予定した3基の打ち上げがこれで完了。計4基で来年4月から高精度の位置情報を24時間提供する。

国土地理院が全国に設置した電子基準点と連携し、最高で数センチ〜数十センチ単位の精密測位を実現する。

日本のほぼ真上(準天頂)を飛ぶ時間が長いため、ビルや山などに電波が遮られる「死角」を減らす効果もある。

このニュースはネットでも話題に

㊗️みちびき4号機打ち上げ成功❗️予定通り7時1分に打ち上げられ、7時半ごろ分離されました。ロケット野郎たちの仕事(30分1本勝負と聞いたことあり)、これから衛星側にバトンタッチ。おめでとうございます。 pic.twitter.com/NI9c5LFkTK

H-ⅡA F36打ち上げ、みちびき4号機分離成功 おめでとうございます

みちびき4号機打ち上げ成功おめ 種子島でロケットの打ち上げいつか見てみたい

仕事終わりまみちびき4号機打ち上げ成功おめでとうございまぁぁぁぁす!!!!(超食いぎみ) これで!システムとしてのみちびきの!スターティングメンバーが揃ったわけですな!胸熱ゥ!

一方でこんな声も

【日本版GPS打ち上げ成功】 今日午前7時1分、日本政府の測位衛星「みちびき4号」打ち上げ成功のニュース。 本当に素晴らしい。これで日本の測位衛星は4基となり、2023年までには米国に頼らない測位システム(7基体制)が完成します。 これは、軍事的に米国から独立する大きな一歩です。

みちびき4号機の打ち上げ成功で日本版GPSが構築可能に成りました。日本近くでしか使えないので利用価値が低いと批判する意見も有りますが、有事の際に日本独自で利用できるGPSの存在は大きいです。世界全体をカバーする能力を日本が持てば、軍事利用だと悪口を言われるのでしょう。

みちびき4号機打ち上げ成功おめでとう!これで当初予定の4機体制が整った!1号機打ち上げ時の「1機じゃ意味ない」「税金の無駄遣い」といった批判を物ともせず、無事ここまで来れた事に祝福と喝采を。ドローンの活用や自動運転など、GPSインフラが開く未来がまた一歩近づいたのは喜ばしい限り。

ちなみに、開発費と打ち上げ費は計約900億円

今年度の3基に国が投じた開発費と打ち上げ費は計約900億円。

来年度からの15年間で約1200億円に上る運用費や後継機の打ち上げも必要で、多額の予算投入に見合う需要を開拓できるかが課題

今回の打ち上げ成功で期待される事柄をチェック

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。