1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ!予行演習するらしいけど…。小惑星接近が話題に。

今日のお昼に小惑星が接近します。未来あるかもしれない衝突に備えデータや機器の準備をするみたい…ネットでも話題になってます。

更新日: 2017年10月12日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 38165 view
お気に入り追加

小惑星が地球に接近。

10月12日、小惑星「2012 TC4」が地球をかすめていくのだ。日本時間で14:42に最接近を果たすという。

ESAは「このサイズの小惑星が地球に接近するのは、2013年2月に大気圏に突入し、ロシア上空で爆発したチェリャビンスク隕石(直径17メートル)以来だ」

▼小惑星って聞くけど知ってるかな…。

太陽の周りを公転している数多くの小天体。大部分が半径数キロメートル以下。現在までに軌道が確定されたものは二万六千個余り,軌道未確定のものも含めると十数万個が知られている

今回の小惑星、その大きさは家ぐらい。

【いよいよ明日!10月12日に小惑星「2012 TC4」が地球に接近】 「6,800キロのフライバイは結構近い。日本からハワイまでが約6,430キロだから宇宙空間と考えるとその近さがわかるだろう」 ( ̄д ̄;) あらー。 pic.twitter.com/YiNBWyXsJg

2012TC4は幅が約15~30メートルで、位置情報が判明している多数の小惑星のうちの一つだ。だが、位置が分かっていない小惑星は限りなくある。609日間で太陽を公転するTC4は2050年と2079年に再び地球に接近する afpbb.com/articles/-/314…

◎撮影にも成功

10日と11日の2回、100万~40万キロ離れた小惑星を動画で撮影。動画を加工した静止画も同時に公表した。

みずがめ座のある南の空を小惑星が動いていく様子を、高性能の望遠鏡とカメラで撮影した。

この小惑星は12年に発見されていた!

今回の小惑星は「2012TC4」と呼ばれ、12年に米ハワイにある望遠鏡で発見された。

2012 TC4は2012年10月にハワイにあるPan-STARRS望遠鏡によって発見された小惑星です。

▼いつか来る時に備え、地球衝突の予行演習にするらしい。

研究チームは小惑星の軌道と大きさをどのくらいの精度で予測できたかを評価できると同時に、小惑星の組成をより詳細に知るための観測を各地の望遠鏡を用いて行うことができる。

小惑星、10月12日に地球に異常接近 警告システムの「テストケース」

「私たちにとって今回はテストケースだ」として、本当に重大なケースに向けた訓練を行っているところだと説明した。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。