1. まとめトップ

沖ちづるの一度聴くと忘れられない歌声と感性

NHK フォーク 一番電車が走った 脳みそ夫 HINTO SPARTA LOCALS くも漫。 演劇 弾き語り 映画 初恋の嵐 DECEMBER'S CHILDREN バスケ 22才 負けました 山家浩 森田童子 RCサクセション cover 中国 夏フェス

更新日: 2018年09月04日

1 お気に入り 859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sososon5さん

1995年11月26日生まれ。東京都出身。
2015年2月25日ファーストシングル「光」、6月10日にはファーストミニアルバム「景色」をリリース。同年8月19日には北沢タウンホールで行われたワンマンライブを収録したファーストフルアルバム「わたしのこえ」をリリースし、9月19日に同公演の映像作品となるファーストDVD「わたしのこえ」を発表。
2015年8月にはファーストシングル「光」がNHK総合TV 戦後70年「一番電車が走った」のドラマ内で選曲され、反響を呼んだ。

新曲「301」動画公開!

先日公開された沖ちづるさんの新曲。夏の終わりのはかなさと、日々のやるせなさがリンクするような、心にじんわり響く楽曲でした。

【新曲「301」動画公開】 平成最後の夏も終わりへと向かう中で、夏らしいことを何ひとつ出来なかった方(私を含む)に贈ります。"サンマルイチ"と読んでください。(沖) youtu.be/AA2CnOuyBgA pic.twitter.com/bu7TVKRFcD

中国「朱家尖東海音楽節(EAST SEA FESTIVAL)」への出演が決定!

[おき]9月1日に出演した「東海音楽節」のことについて、旅日記を書きました。私のFacebookよりご覧いただけますので、どうぞ読んでみてください。m.facebook.com/okichizuru.off…

【ライブ情報】 中国・浙江省舟山市で開催される「朱家尖東海音楽節(EAST SEA FESTIVAL)」への出演が決定しました。 沖ちづるは9/1(土)、アコースティックステージの「南方书店(南方書店)」に出演予定です。 eastseafestival.com weibo.com/eastwaves pic.twitter.com/eje2WF3P0L

[おき]ご縁あって中国の浙江省舟山市で行われる東海音楽祭(EAST SEA FESTIVAL)への出演が決まりました。海外渡航自体、小さな頃叔父の結婚式でハワイに行った以来で、、次海外に行くなら音楽の仕事で行きたいなと思っていたので大変嬉しいです。しっかり歌ってきます。 pic.twitter.com/hBwUGaNzsF

沖ちづるさん初の海外ライブのようです!

中国でのイベント出演決定に伴って、沖ちづるオフィシャルweiboも公開中! weibo.com/okichizuru

中国のライブイベントの開催にあたり、中国版ツイッター、ウェイボーを開設したそう。中国の方々の反応も気になりますね!

Chizuru(?)の弾き語りカバーシリーズ

Twitterで不定期に投稿される弾き語りカバー動画。20代前半とは思えない通な選曲ですね。

[おき]この度、Chizuruという名でも活動を始める事にしました。この名義の時はカバー曲だけを歌います。どうぞよろしく![Chizuru] IdOL/SPARTA LOCALS pic.twitter.com/x1YCT8F03Z

「負けました」ライブ映像公開!

【「負けました」ライブ映像公開 】 5/24、下北沢風知空知での3rd Single「負けました」リリースライブ“青春が終わったら”より「負けました」のライブ映像を公開しました。 youtu.be/aY0cFIeZvDQ pic.twitter.com/E5qwfK4GCb

また、この日のオープニング・アクト、Chizuru(!)は沖ちづるさんが青春時代に出会ったという楽曲のカバーを披露しました。

[Chizuru]明後日5/24、3rd Single"負けました"リリースライブ「青春が終わったら」 OAのChizuruです。この日はおきさんの青春時代を支えたミュージシャンの方々のカバーを色々歌おかなと思ってます。はー、緊張します。チケット当日券も出るそうなので、是非、会場で待ってますね! pic.twitter.com/wnhVfzy6dL

[おき]先月5月24日下北沢風知空知"青春が終わったら"より、森田童子さんのたとえばぼくが死んだらのカバーです。十代の頃に、eastern youthをきっかけにこの曲を知って、それから何度と歌わせてもらってました。ご冥福をお祈りします。 pic.twitter.com/roPveUV0pT

そんな風知空知公演から、先日逝去が報じられた森田童子さんの「たとえばぼくが死んだら」カバーが公開されました。ニュースが報じられるほんの少し前の、印象的なカバーです。

沖ちづる「街の灯かり(春)」ショートフィルム公開

あの夜には続きがあった、沖ちづる「街の灯かり(春)」ショートフィルム公開(動画あり / コメントあり) natalie.mu/music/news/281… pic.twitter.com/ZmD8qdbeVk

[おき]昨日公開されました、街の灯かり(春)のショートフィルム。MVではなく、ショートフィルムです。9分弱とたっぷりございます。映画を観るのがお好きな方にも観て頂きたい。一日の終わりと共に、いかがでしょうか。 twitter.com/okichizuru/sta…

沖ちづるの楽曲「街の灯かり(春)」を題材にしたショートフィルムがYouTubeで公開された。

今回のショートフィルムはすでに公開されているミュージックビデオに新たなストーリーを追加した約9分の映像作品。2015年6月発表のショートフィルム「街の灯かり」の続編となっており、前作で登場した俳優の山家浩演じるスキンヘッドのサラリーマンと、沖演じる新人女性シンガーソングライターが過ごした一夜のできごとの続きがモノクロ映像で捉えられている。

2015年6月発表のショートフィルム「街の灯かり」

今回発表された続編。見る人によって、さまざまな解釈ができる作品だと思います。。

5月24日には下北沢 風知空知にて、3rd Single「負けました」リリースライブ 『青春が終わったら』も開催するそう。生歌で聴けるのが待ち遠しいです。

2018年3月、3rdシングル「負けました」リリース決定!

本人イラスト・歌詞による「負けました(illustration ver.)」MVも公開。
今作はLIVEでも披露されていた「負けました」を含む全3曲だそうです。

どんな作品になるのか、春が待ち遠しくなります。

まず、約一年ぶりにCDを発売出来る事がとても嬉しいです。支えて下さる皆さまのおかげです。有難うございます。

学生時代バスケ部で補欠要員をしていたあの頃、大学受験に失敗したあの日、また自身の音楽活動の中の不甲斐ない日々を思いながら曲にしました。

そんな自分自身の歌ではありますが、同時に皆さんの心に寄り添うことが出来るなら、この上ない事だと思います。ぜひご購入下さい。

沖ちづる

公式サイトには沖ちづるさんから、今作についてのコメントが届いていました。

1 2