1. まとめトップ

元AKB、川栄李奈の快進撃!衆院選の顔に抜擢!

AKB時代はオバカキャラのイメージも強かった川栄李奈。AKBの看板がなければ・・・と心配された時期もあったが彼女の人気は留まることを知らない。ドラマでの演技力は定評を持ち、auのCM好感度1位に輝かせる貢献。その快進撃は国政選挙の顔に抜擢されるに至った。今後も彼女の活躍に注目したいです。

更新日: 2017年10月17日

4 お気に入り 1959 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AKB卒業までの簡易略歴
2010年 
AKB48第11期研究生オーディションに合格。

2014年 
ユーキャンの企画で薬膳コーディネーターの資格取得に挑戦することを発表し、同社のCMに出演

『バイキング』(フジテレビ系)の水曜レギュラーとして出演

『AKB48 37thシングル選抜総選挙』で39,120票を獲得して16位となり、選抜総選挙のシングル選抜メンバーに初めて入る。

2015年
AKB48劇場にて卒業公演が行われ、AKB48卒業

AKB48時代はおバカキャラが定着していた

「めちゃイケ」の抜き打ちテスト「AKB48春の期末テスト」で
最下位になりBKAセンターが決まった

秋元康プロデューサーも…

「川栄はセンター候補だった。いわゆる前田敦子か大島優子か渡辺麻友なのかを目指す位置にいたんだけど、違う路線にいったよな」と残念がる

2015年8月4日、AKB48劇場にて卒業公演が行われ、AKB48を卒業

高橋みなみは「川栄は苦悩とかあまり出さない子だけど、感じてはいました」と話し「長くいる先輩からすると、川栄早いよとも思います。もっといてほしかった」と本音を漏らして涙した。

AKB卒業後は女優業へ

AKB48卒業後は初主演舞台「あずみ幕末編」に出演し、本格的に女優業の道を歩みだす。

女優成功は難しいか?と思われた時期も

川栄主演の舞台「あずみ~戦国篇」のチケットの売れ行きが、あまりよろしくないようなのだ。

女優として開花したと思うけど、やっぱ人気は下がってる』『業界内での評価だけか‥‥』『今後は舞台主演はキツイかもな』

構成・演出を手掛ける岡村俊一氏は、川栄演劇に太鼓判

「去年もそこそこやれたと思っていたけど、こんなにできるとは。もう教えることがありませんでした」とコメント。

「よくアイドル崩れみたいな言われ方するけど、とんでもない。そんなこと言う奴は観に来て。女優の感受性ってこういうことを指すんだっていうのを、川栄が体現してくれています」と絶賛する

高い演技力が評価され様々の出演に作品

2015年夏にAKB48を卒業し、女優として活躍する川栄李奈。朝ドラ初出演となり注目を集めている川栄さん

演技力の高さは国民的番組でもある、あさの連ドラの出演も射止めた。

その演技力は共演者・製作者を驚かせるほど高い

舞台『国民の映画』では、共演者の小日向文世さんが彼女の演技を絶賛しました。

ドラマ『ごめんね青春!』で共演した関ジャニ∞の錦戸亮さんは、「ブチ切れる川栄李奈さんの切れ味が凄い!」と絶賛

『亜人』を監督した本広克行からは『まったく同じ芝居を何回もできるんですよ。それぐらい精密に動ける。天性ですよね』

ドラマ『僕たちがやりました』の新城毅彦監督からは『言ったことを自分なりに解釈して表現してくれる。感覚的な感性がステキだなと思いますね』と、絶賛されまくり

勢いはドラマや映画に留まらず

1 2