1. まとめトップ

都市伝説 怖い話26 意味が分かると怖い話4

妹想いの兄の話などがあります。少し悲しい話ですが、よくできていると思います。

更新日: 2017年10月22日

Altria1123さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 11711 view
お気に入り追加

年齢

155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 11:57:48.67 ID:EPnlHzG2a

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。

年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「あなたは勘違いをしています。
私に見えているのは、その人が死ぬ年齢だけです」

169: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 11:59:56.67 ID:ZUa29qtO0

>>155
世にも奇妙なで見た気がする


190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:03:36.53 ID:kkbIL7TU0

>>169
まもなく死ぬ人間が青ざめて見えるって話はあったな
で、バスに乗ったら全員青ざめてる
鏡を見ると自分も・・・


174: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:00:53.14 ID:mdIjy8tN0

>>155
5分以内に電車が事故るのか

兄の発狂

183: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:02:03.49 ID:B0oJPt770

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、泣いた。

192: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:03:51.29 ID:hzkPl4c7d

>>183
優しい兄


205: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:05:31.75 ID:/wU+j9n00

>>183
わからん


211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:06:05.56 ID:ZUa29qtO0

>>205
妹が犯人ちゃう?


208: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:05:49.97 ID:n/s48T2Ur

>>183
なにこれ


216: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 12:06:27.52 ID:XCy0AIrsd

>>208
発狂したのは妹
兄は罪を被って自殺

私には6歳と4歳の息子が居る。
その日、雑誌編集者の妻は年末進行で
仕事に出ていたので、私が息子たちの面倒を見ることになっていた。
昼食を取り、三人で公園に出かけた。
私は誰もいない公園のベンチに座り、読みかけの新書に目を落とした。
縄跳びがリズム良く空を切る音と一緒に、下の息子の声が聞こえる。
「兄ちゃん、貸してよ」「ねえ、こっち使っていいから!」
上の息子の青い縄跳びが欲しいのだろう。
下の息子のは、もっと短い赤い縄跳びだったからな。
せめて同じ色のものを買うべきだった。また大喧嘩になる。
この年頃の男の子が、自分から弟に物を貸すことは、普通ない。
それがこの日は兄が無視を決め込んでいるようだ。
となると、弟は私に泣きついてくるほかない。
下の息子が私の前に小走りでやってくる。
そらきた。私は本から目を上げた。
「兄ちゃんが冷たいよ」

まあ泣いてないだけ偉い。喧嘩もしなかったし。
おや、でもこいつはちゃんと兄の縄跳びを持っているじゃないか。
そこで私は言った。「そんなことないよ。お兄ちゃんらしく縄跳びを貸してくれたろ。ありがとうって言って、もうちょっと一緒に遊んでおいで」。
私は再び本を開いた。弟の足音が遠ざかる。
「兄ちゃん、ありがとう」の声のあとに、幼い手が拙く
縄跳びを回す音が聞こえてきた。

解説
お兄ちゃんが冷たいというのは、死んでるということ。

山奥の老人

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん
そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。

その手紙が毎日届くようになってから数ヶ月ほど立った後、急に手紙がこなくなった。
今やその手紙が毎日の楽しみになっていたおじいさんは、どうした事かと心配になった。
山奥から街に出てきて孫の家を訪ねると、なんと孫は何者かに殺されていた。

おじいさんは酷く悲しんで、絶対に犯人を捕まえてやろうと思った。
いや、もう犯人は解ってる。犯人は奴しかいない…

解説
毎日毎日、山奥にまで手紙を届けるのが面倒になった郵便配達員が、殺した。

深夜2時の鏡

高校生の夏休み。新作ゲームを買って、一日中やり込んでいたんだ。
もちろん夜中になってもやめずにいた。
日付が変わって、流石に少し疲れていたのでゲームをつけっぱのまま一旦やめた。
時計を見ると一時五十分。ふと、夏休み前に友達から聞いた、「夜二時に鏡を見るとやばいものが見える」という言葉を思い出し、見てみることにした。
丁度、俺の部屋にはよく分からんデザインをした大きな姿見があったからだ。
(元々物置だった離れが、当時の俺の部屋だった)

二時丁度。鏡を覗き込むと、そこには自分の部屋は映っておらず、暗い森が映っていた。しかも、なぜか自分が横になって眼を閉じている。
その周りを、着物を着た三人の女の子が囲んでいる。
それぞれ、笑った顔、怒った顔、無表情。
そして、次の瞬間、こちらを見て、そこで気がついた。
時計は三時だった。鏡には真っ青な自分の顔が映っていた

兄と妹

意味が分かると怖いコピペ 其の弐

465 :本当にあった怖い名無し:2010/06/13(日) 09:12:36 ID:jMPdjyxY0
・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。

・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。

・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?

・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。
「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」
ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。


28 :本当にあった怖い名無し:2/3:2010/01/20(水) 02:39:11.90 ID:OBEGwIE50
・12/19
妹から電話が来た。
合コンのことを話したら
「別に…いいんじゃない?勝手にすれば?」って言われた。
気にしてるのかな。
かわいいやつだ。
もちろんおれは行かないぜ。
妹に会いたい。

・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。
今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。
はぁ…
妹に会いたい。

・12/21
妹に会いたい。
正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。
お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ~。

・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。


467 :本当にあった怖い名無し:2010/06/13(日) 09:15:03 ID:jMPdjyxY0
・12/23
妹から電話が来た!!!
送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。

・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!
俺、妹がいないと無理だ。
ということでこれが最後の日記です。それでは!

・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。
クリスマスパーティをやったんだそうだ。
そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。
妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)
それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。

12/27
…信じられないことがおきた。
日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
一日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。
ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、
来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。







475 :本当にあった怖い名無し:2010/06/13(日) 10:21:01 ID:pOEr/3gV0
日記内の奇数日が妹が死んだ年の日記。
偶数日がその1年後の日記。
偶数日の日記は24日が最後。

楽しめない遊園地

2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)18:19:20 ID:iXE

『楽しめない遊園地』

小学校に入る前の娘と遊園地に行った
入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた
まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった

ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、
しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない
俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと
やたら暗い顔になる まだ遊園地は早かったのかもしれない

仕方ないから帰ることにした
そして娘はその日自殺した
俺は今でも自分を許せない

1 2





都市伝説や怖い話が好きで集めています。
アルトリアチャンネルというYoutubeのチャンネルも持っています。