1. まとめトップ

池上彰に新たな秘策!?「衆院選特番」民放各局キャスター&見どころ

第48回衆議院議員選挙が10日、公示され、22日の投開票に向けて12日間の選挙戦がスタート。民放各局も「衆院選選挙特番」を次々と発表。民放ではこのところ圧勝が続く、テレビ東京が池上彰を再び起用。新たな秘策があるという。他局もほぼ出揃うも、日本テレビのみ骨格が決まらない状況。

更新日: 2017年10月22日

0 お気に入り 2192 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆衆議院議員選挙が始まった

第48回衆院選が10日、公示され、22日の投開票に向けて12日間の選挙戦がスタートした。

衆院選の立候補届け出は10日午後5時に締め切られ、立候補者数は小選挙区936人、比例代表244人(重複立候補者を除く)の計1180人で確定した。自民党は332人を擁立。共産党が243人、希望の党が235人で続いた。

今回の選挙では、消費税率の引き上げや憲法改正の是非、それに、安倍政権の政治姿勢などをめぐって論戦が行われる見通しです。

◆2016年の「参院選特番」では池上彰キャスターのテレビ東京が圧勝

今回の参議院選、各テレビ局が工夫を凝らして生放送をしたのだが、終わってみるとやはり話題はテレビ東京が全てをもっていった形で、視聴率も民放トップの11.6%を記録した。

2016年7月10日

続いて、日本テレビ系の「参院選2016開票速報」が10.4%、テレビ朝日系「選挙ステーション」7.7%、TBS系の「激突選挙スタジアム」第1部は5.5%、フジテレビ系「FNNみんなの選挙」は5.4%。

メインキャスターに、ジャーナリストの池上彰氏(63)を迎えたテレ東の選挙特番は、自民党の安倍晋三総裁や民進党の岡田克也代表ら、大物政治家が思わずムッとするような鋭い質問が人気を集め、インターネットでは「池上無双」と評されていた。

◆今回の「衆院選特番」でもテレ東は池上彰 秘策があるという

「テレ東はスポンサー向けの番組説明会を早々に開催。恒例となった『池上彰の選挙ライブ』を放送すると社長自らが9月末の定例会見で発表した。テレ東と池上氏のパイプは想像以上に強い。」

今回も「池上さんと新たなオリジナル企画も制作中。これまで以上に家族みんなで楽しめる番組を目指します」(テレビ東京報道局小林洋達プロデューサー)と、独自路線を公約。池上氏も「“突然”の多い選挙。選挙特番新アイデアは企業秘密」と、準備万端。

見どころは…
① 池上彰VS政治家の生中継トーク「池上無双」
② 細かすぎる…全面更新!候補者の面白プロフィール
③ あの手があった!池上バスツアー
④ 政治への関心を呼び起こす目玉企画と特製模型

◆フジテレビは宮根誠司を中心にした布陣

加えて、BSフジの『プライムニュース』でキャスターを務める反町理氏(フジテレビ報道局解説委員長)が解説を務めます。

「プライムニュース」は、宮内社長がフジテレビの社長就任が決まった際の会見でも、好きな番組に挙げるほど思い入れのある番組。その中心的存在を、地上波でも起用して新しい「フジテレビ」の政治報道体制を打ち出していく狙いと見られる。

◆テレビ朝日は“オールステーション”で臨む

「報ステ」の富川と小川彩佳のコンビに政治ジャーナリストの後藤謙次氏、「サタデーステーション」から高島彩、「サンデーステーション」から長野智子らを起用する“オールステーション”体制。

各党幹部に富川キャスターがインタビューを行っていく。高島キャスターは政治部・中丸徹記者とともに「視聴者のギモン」に回答する新コーナー「総選挙いまここに注目!」を担当。長野キャスターは、台風の目として注目される希望の党のキーパーソンを現場で直撃。

2部では田原氏とスタジオに与野党論客を集め、審判を受けた大物衆議院議員などと中継を結びなから、選挙結果の分析と日本の未来を徹底討論する。

◆TBSはホラン千秋を大抜擢

1 2