1. まとめトップ

神経質な人との上手な付き合い方とは?

いちいち細かいことにチャックを入れたり決まりごとにうるさいなど神経質な人と一緒にいるとイライラして疲れてしまう人が多いものです。ただ、まじめで責任感、正義感がある人もいますが…そんな人とは関わらないのが一番ですが、職場など、どうしても関わりを持たなければいけない場合に上手く付き合う方法とは?

更新日: 2017年10月12日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 271 view
お気に入り追加

■神経質とは

・情緒的に不安定で、わずかな事にも過分に反応して自分を病的な状態だと思い込む気質。


・細かい事までいちいち気に病むさま。

■悩みが尽きない神経質な人

責任感が強かったり、心配性、怒られるのが怖い、ということは当然それだけ悩み事が多くなるということです。

人によっては小さなことでクヨクヨしてしまったり、投げやりな気持ちになり、揉め事を起こしてしまう人もいます。

また悩み事が尽きないということは、鬱病になりやすい人の特徴でもあります。

神経質な人ほど鬱病な人が多く、こういった人の多くはマイナス思考な人が多いと言われています。

■神経質な人との上手な付き合い方

・積極的にコミュニケーション

神経質で普段からソワソワおどおどしている人は叱られないか、嫌われないかという不安が大きいタイプなのでしょう。そんな人には「ありがとう」と言ったり、良い点があれば「○○良かったよ」と伝えてあげてください。

そしてこのようなタイプには自分の意見を言うのが苦手な人も多いです。人目を気にするというのもありますが、おそらく過去に神経質な性格から話をちゃんと聞いてもらえなかった経験があるのでしょう。ですからじっくり話を聞いてあげてください。

話がスムーズに進まない人と話すのは疲れるかもしれませんが、「この人は話を聞いてくれるんだ」と分かってもらえれば自分の想いを伝えてくれるようになります。細かい事に気づくことができる性格ですが、気づいているのに話すことができないというのは勿体ないではありませんか。

ですが相手に感謝の気持ちを伝えたり、話を聞いたりというのは何も特別な事ではありません。他の人に比べ時間はかかるかもしれませんが、積極的にコミュニケーションを取ってみてください。

・上手に付き合うなら「安心感」がキーワード

神経質な人にとってストレスなのは、ネガティブ感情を生起させる出来事に遭遇する事です。

神経質傾向の強さによると思いますが、新しい物事を始めて知らない人と出会う時、初めての経験をする時、知らない土地に住む時など、神経質な人が警戒心が働く時です。

そんな時に、感情的になってキレたり、仲良くなろうと強引に飲み会や遊びに誘うなど、さらに警戒心を強める行動をする人は、避けられてしまいます。

神経質な人と上手に付き合うには、警戒レベルを意識して、環境に慣れるように手助けしてあげる事で安心感を持たれます。

神経質な人が安心感を持てば、いろいろな誘いに乗ってくれて、友人関係、恋人関係を作る事ができます。

・ペースを合わせてあげる

神経質な人たちは、自分のペースを乱されることが非常に嫌いです。むしろ乱されることによって苛立ちを隠せなくなったりパニックになったりしてしまいますから。
だからこそ大事なことは、ペースを合わせてあげることです。

仮に仕事が遅いということがわかっているのであれば、余裕を持って仕事を頼むことも可能です。
逆にスピードを求めず丁寧さが重要な仕事を任せることも大事なことでしょう。

急かせるような付き合い方をしてしまうと、お互いがお互いに嫌悪感を抱いてしまうことになります。臨機応変にできないからこそ相手のペースを守らせてあげながら付き合っていくことがいいでしょう。

・怒らないで話を聞いてあげる

神経質な人は他人に自分の意見を言うことが意外と苦手です。相手にどう思われるかを気にしているからこそ人に意見を言うことで嫌われてしまうんじゃないかと思っているからです。
だからこそ、どんなことがあっても怒らないでやさしく聞いてあげることが大事です。

神経質な人たちは人に話をすることが怖いと思っています。相手が無表情なだけで怖いと感じてしまって自分の意見を言えずに心を閉ざしてしまうこともよくあるでしょう。

しかしながら優しく話を聞いてくれて相手が怒らないとわかれば、心を開いて意見を言うこともできます。そして今後も言いたいことを言える間柄になることができれば、人間関係も確実に良くなることでしょう。

・評価していることを伝える

神経質な人たちは常に周りの人間からどう思われているのかを気にしています。ちょっとした何気ない一言ですごく嬉しい気持ちにもなりますし、ものすごく落ち込むこともあるのです。
それは神経質な人だけではないでしょう。嬉しいことを言われれば嬉しくなるのですから。

だからこそ好きなところを伝えたり、評価していることを伝えたり、感謝の気持ちを伝えたりといったことを積極的にやっていきましょう。
相手が喜ぶであろうことはできるだけ言う方が多くの人を幸せにすることができますからね。

そして後になってからもっと相手を喜ばせるようなことを言っておけばよかったと後悔しないようにしましょう。

・ほめて伸ばす

神経質な人は、何かと真面目な印象があります。これもパターン化と一緒で、失敗などの苦い経験をしないように努力する結果です。

その努力は、他人よりも知識を覚えて、ちゃんと対応しようとしたり、完璧なものを完成させようと行動します。(ただ、努力を他人にも求める人もいて、それで嫌われる人は多いです。)

また、神経質な人は他人の評価を気にしすぎる傾向にあります。

そのため、「最近頑張っているね!」「機転が効くね!」「すごいね!」など、努力をほめてポジティブに評価してあげるとすごく喜んでくれます。

・なるべく笑顔で接する

人間は他人の表情や態度を読み取る事で、他人がどうかんじているか知ることができます。

神経質な人は、人間の表情や態度を読み取る時に、笑顔よりも、怒り、嫌悪、恐怖、 羞恥、罪悪感、悲しみなどのネガティブ感情を敏感に感じ取ります。

そのため、神経質な人と話している時に、ネガティブ感情で接すると微妙な表情の変化を敏感に読み取られるます。

少なくとも笑顔で接することで、ネガティブな印象を持たれないので、神経質な人と接するときはなるべく笑顔でいるようにしましょう。

1





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど