2年前の7月28日、俺は大阪にいたんだよ。
憂鬱な月曜日で、夏休みも貰えなくて実家にも帰れない。イライラしていた朝だった。

狭山の金剛駅から天下茶屋まで向う道中に、不思議な事が起ったんだよ。
携帯でゲームに夢中になっていると、なんか妙なんだよね。
集中してたのもあるんけど、騒がしくて当然の車内が妙に静かでさ。
押し合いへしあいしていた車内が妙に空いてるような感じがして、周りをみると誰もいないんだよ。誰も。

通勤時間の南海本線だ。絶対にありえない。
電車も気付いたときには止まっていて、ドアが開いていた。

駅なのは間違いないんだが、駅名がわからない。というか読めないんだよ。
知ってる漢字に見えるんだけど、読み方が全く思い出せないし、字を記憶しようとしてもすぐ忘れて覚えられない。

しばらく悩んだあと、駅の外に向って歩きだしたんだ。
駅を出ると、町並み的には普通の大阪の下町っていう感じなんだが、俺はその町を知らない。
こんなところあったのかと思いながら、とりあえず会社に電話をしようと思ったんだ。
電車が止った状態で動かない。事実確認をしようとしてもアナウンスもないし駅員も見えないと。

携帯は圏外になって、公衆電話もない。
大衆食堂のような小さな店があったの。電話を借りようと思ったが、中には誰もいない…
そのとき、劇場版ドラエモンの、鏡面世界の話を思い出してしまった。
とりあえず、引きかえして駅に戻って、改札を跨いで越えて(改札が動いてない)、
まだ止まったままの電車の中に戻ろうとしたんだ。

ホームについて電車をみると、人が一人いるんだ。

形容しがたいんだけど、厚手のコートを着た紳士っぽい感じの風体で中年っぽい。
あっ、と思って声をかけようとしたんだ。そしたらそのオッサンが話し始めた。
いや、厳密にいうと、そのおっさんの口は動いてないし、
口から音が出ている感じじゃなくて、両方の耳元で、それぞれ聞こえるみたいな、そんな感じで聞こえるんだ。 おっさん曰く、「もう戻してあげられないから、代りにこちらで」と一言。
なんのこっちゃ??と思ったけど、突然目の前でバクチクが弾けたみたいな、ちかっとした衝撃を受けたんだ。

とっさに目をつぶって、そして開けると職場にいた。
仕事をしている途中だった。時間は9:02で、遅刻はしてないみたいだ。
普段はどんなに急いでもギリギリなんだけど、俺に息の乱れもない。
ない…あれ?なんか俺 いつもの俺じゃない…?
と思ってトイレにいって鏡をみると、俺なんだけどなんか違うんだよね。目元の印象とか髪型とか。
若返ったとか老けたとかじゃなくて、非常にそっくりな他人みたいな…そんな感じ。
職場の人達もそう。なんかみんな微妙に違う。

その仕事をやめて今は故郷で働いているが、
親もなんか記憶と違うんだ。老けたとかじゃない…。

全てに違和感を感じてるが、何の支障もなく平穏で幸せ。
でも俺が元々いた世界とは絶対に違う。

それが今のこっちの世界…

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【厳選】異世界に行った人の体験談まとめ

異世界に行ったお話。異世界から来たというお話。その他(タイムリープ、時空を越えた体験など)、体験談や不思議で素敵なお話をまとめました。

このまとめを見る