よく時空を超えたとか、少し違う異世界を垣間見たという体験談が書かれているけど、俺もあるんだよね。と言うか、今まさに…なんだけどさ。



2年前の7月28日、俺は大阪に居た。

憂鬱な月曜日で、夏休みも貰えず実家にも帰れない。苛々していた朝だった。

狭山の金剛駅から天下茶屋まで向かう道中で、不思議な事が起こったんだよ。

携帯でゲームに夢中になっていると、何か妙なんだよね。集中していたのもあるけど、騒がしくて当然の車内が妙に静かでさ。

押し合い圧し合いしていた車内が妙に空いているような感じがして周りを見ると、誰も居ないんだよ。誰も。

通勤時間の南海本線では絶対に有り得ない。電車も気付いた時には停まっていて、ドアが開いていた。

駅なのは間違いないのだが、駅名が解らない。と言うか読めないんだよ。

知っている漢字に見えるんだけど、読み方が全く思い出せないし、字を記憶しようとしてもすぐ忘れて覚えられない。

暫く悩んだ後、駅の外に向って歩き出したんだ。



駅を出ると、町並みは普通の大阪の下町という感じなのだが、俺はその町を知らない。

こんな所があったのかと思いながら、取り敢えず会社に電話をしようと思ったんだ。

「電車が停まった状態で動かない。事実確認をしようとしてもアナウンスも無いし、駅員も見えない」

と伝えるつもりだった。

しかし携帯は圏外になっていて、公衆電話も無い。大衆食堂のような小さな店があったので電話を借りようと思ったが、中には誰も居ない…。

その時、劇場版ドラえもんの鏡面世界の話を思い出してしまった。

取り敢えず引き返して駅に戻り、改札を跨いで越え(改札が動いていない)、まだ停まったままの電車の中に戻ろうとしたんだ。



ホームに着いて電車を見ると、人が一人居るんだ。

形容し難いのだけど、厚手のコートを着た紳士のような身なりをした中年のおっさんだった。

俺は咄嗟に声を掛けようとしたんだ。そしたらそのオッサンが話し始めた。

いや、厳密に言うとそのおっさんの口は動いていない。口から音が出ているのではなく、両方の耳元でそれぞれ聞こえるような…そんな感じで伝わって来るんだ。

おっさん曰く、

「もう戻してあげられないから、代りにこちらで」

『何のこっちゃ?』と思ったけど、突然目の前で爆竹が弾けたような衝撃を受けたんだ。

咄嗟に目を瞑って、そして目を開けると職場に居た。



仕事をしている途中だった。時間は9時2分で、遅刻はしていないようだ。

普段はどんなに急いでもギリギリなのだけど、俺には息の乱れ一つ無い。

『あれ? 何か俺いつもの俺じゃない…?』と思い、トイレに行って鏡を見た。

そこに居るのは確かに俺なのだけど、何か違うんだよね。目元の印象や髪型などが微妙に。

若返ったとか老けたとかではなく、非常にそっくりな他人みたいな…そんな感じ。

職場の人達もそう。みんな何か微妙に違う。



現在はその職場を辞めて故郷で働いているが、親も何か記憶と違うんだ。老けたとかではなく…。

全てに違和感を感じているが、何の支障も無く平穏で幸せ。でも俺が元々居た世界とは絶対に違う。

それが今のこちらの世界…。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【厳選】異世界に行った人の体験談まとめ

異世界に行ったお話。異世界から来たというお話。その他(タイムリープ、時空を越えた体験など)、体験談や不思議で素敵なお話をまとめました。

このまとめを見る