1. まとめトップ

フランスのニュースまとめ 2017年10月12日

2017年10月12日の主なフランスのニュースまとめです。

更新日: 2017年10月14日

ulala_goさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 77 view
お気に入り追加

フランス・パリ(Paris)郊外のアパートの空き室で、餓死しかけたライオンの赤ちゃんが見つかった。捜査当局が11日、明らかにした。ソーシャルメディア(SNS)で赤ちゃんライオンとの自分撮り写真(セルフィ―)を見せびらかしていた男が遺棄したという。

 SNSに投稿された写真に気付いた警察は、ライオンの捜索を開始。10日、パリ東部の民家で投稿者の男(24)の身柄を拘束したが、男は既にライオンを別の場所に放置した後だった。

フランスの銀行大手BNPパリバ、シェールオイルやガス、オイルサンド(重質油を含む砂の層)の探鉱や生産、供給などにかかわる企業への融資を停止すると発表した。北海の原油、ガスの探鉱や生産プロジェクトへの融資も取りやめる。地球温暖化対策 nikkei.com/article/DGXLAS…

ベトナム航空[HVN](Vietnam Airline)はハノイ市で10日、フランスのエールフランス(Air France)との間でジョイントベンチャー(JV)契約を締結した。今回の契約は11月1日に発効する。

 同契約により、両社はベトナムとフランス、ヨーロッパ間の路線でJV事業を展開する。これに先立つ2010年、両社はパリ~ベトナム線の共同運航に関するコードシェアリング協定に調印している。

2024年にパリでオリンピック開催が決まったフランス。観光大国で知られるフランスが、それを契機に1億人の外国人観光客誘致を目指している。travelvoice.jp/20171012-98490

大統領は訪問先のフランクフルトで「欧州、フランス、ドイツがなぜカタルーニャ問題に介入しないかといえば、欧州は主権国家で成り立っているからだ。もし私が介入すれば内政干渉となり、スペイン首相にとっても国王にとっても容認できないだろう」と述べた。

大統領は、大学生を前に行った討論会でスペインのラホイ首相を擁護。「(カタルーニャが)抑圧されているとの印象は受けていない」と述べた。

フランス各地で10日、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領が計画している公的部門の賃金凍結や人員削減に抗議するデモが行われ、公務員ら20万人以上が参加した。マクロン氏が進める財政支出の削減やビジネス寄りの政策に反対する声が一段と高まっている。

 公務員540万人が加盟する9つの労組は、マクロン氏が目指すフランスの巨大な公的部門の変革について「深刻な相違」があることを示すためストライキを行うよう呼び掛けていた。

1