1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

verynu2さん

平野美宇選手の母・真理子さんは、新著『美宇は、みう。』(健康ジャーナル社)の原稿を書き綴った。

「今回の本で、三女の亜子が発達障がいとともに生まれたことを初めて書きました。私は美宇という日本一の卓球女子を育てた母親と言われますが、同時に障がい者の娘を育てた母親です。どちらも同じ子育てなんです。そのことを伝えたいと思いました」

「隠すようなことじゃない。いまでも堂々と胸を張って話せます」と母・真理子さんは柔らかな笑顔を浮かべた。

姉は卓球世界選手権の女子個人で48年ぶりに銅メダルに輝いた平野美宇

平野美宇(17)の母・真理子さん(48)が16日、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演。

母・真理子さんは3姉妹(長女・美宇、次女、三女・亜子さん)を育てている

亜子さんは3歳のときに発達障害と診断され、人とのコミュニケーションがやや難しいことが判明したという。

母・真理子さんは、長女・美宇にそっくりな亜子さんを「私にとっての天使」と表現している

「コツコツ努力することが得意」という亜子さんの長所を見つけて「根気よく丁寧に教えればいいだけ」と卓球を指導。

亜子さんは小学生で日本代表、国際大会も経験する選手になったという。

また、亜子さんが自らの意志で英会話の勉強を始め、海外の先生とネットを通じてフリートークする様子も紹介された。

「コツコツ努力することが得意」なことを活かして、新たなことに挑戦しているよう。

1