1. まとめトップ

老若男女のラブコールが絶えない!「聞き上手」な人の共通点

聞き上手は人はすかれる!皆に愛される聞き上手のテクニックとは!?

更新日: 2017年10月12日

friekingbadさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 3197 view
お気に入り追加

聞き上手な人は好かれます

目標を最短で達成している人たちは 既に『聞き上手』である。

♡*.゜      @sakura0124piiyo   ひよりんお誕生日おめでとう✨ 聞き上手で話しやすくて 優しいひよりんが大好きです これからもよろしくお願いします ひよりんにとって 素敵な1日と1年に… twitter.com/i/web/status/9…

沈黙に耐えじっと待つことができる

会話をするなかで沈黙になってしまうシーンもあるでしょう。そんなとき、気まずさのあまり自分からぺらぺらとおしゃべりをしてしまう人は“聞き上手”ではありません

相手のペースを考えずに沈黙に耐えられずに話してしまうため、むしろ聞きベタです。

聞き上手な人は、会話のスピードを相手に合わせることができます。相手の呼吸のリズムに合わせて相づちを打つので、話すのが苦手な人でも次第に自分のペースで話してくれるようになります。

反対に、テンポよく話す相手にはテンポよく相づちを打ちます。沈黙を気まずい時間ととらえずに、ゆったりと待つ時間ととらえることが、聞き上手への第一歩です。

相手が考えている時はじっと待つ、沈黙を恐れない

その沈黙に耐えきれずに適当な話を振ったりはしないことだ。相手が別の世界の思考から帰ってくるのを待つだけで、その方との信頼関係は充分に築けるもの。

相手に対する敬意や共感の言葉がある

聞き上手な人は、むやみやたらに相手にアドバイスをしようとしません。また、無理やり質問を重ねて会話を続けさせようともしません。

もし相手が自分に対して心を開かず、あまり話をしてくれないのであれば、それは心のなかで「興味をもって話を聞いてくれないから話したくない」と思われているのかもしれません。

相手の話に合わせて、うなずく

相手の話を聞く際は、批判から入るよりも、まずは、相手の言うことを飲み込みましょう。

人は誰でも、自分の気持ちを分かってほしいと思っています。だから、話を聞いてもらうよりも、その話をしている自分の気持ちを理解してもらいたいわけです。

会話の結論を出そうとしない

ビジネスシーンであれば、結論から述べてダラダラ話さないことが良しとされていますが、それをプライベートな空間まで持ち込むのは少し考えものです。

そういった縛りから解放されてゆっくり話したいという気持ちを理解しようとするだけでも、より相手の言葉に耳を傾けられるようになるでしょう

聞き上手な人は、自分が話す喜びをちゃんとわかっていて、話している人にその喜びを存分に味わってほしいと思っているから、相手の気分が盛り上がるように、相手が話していて気持ちよるように、うまく盛り上げてくれるのです。

「はい」と「いいえ」で答えるような質問をしない

聞き上手な人は、話し相手が「はい」「いいえ」で答えるような質問はしません。

相手から言葉を引きだそうとするため「どう思ってるの?」と自由に答えられる質問から始めます。

人は、誰かに話すことで自分の考えをまとめようとするところがあります。質問をして相手の言葉を引きだそうとするなら「はい」「いいえ」で答えられるような尋問口調にならないようにしましょう。

1