1. まとめトップ

【妊活】赤ちゃんが欲しい!と思った時にまず始めること【基礎体温】

赤ちゃんって欲しいと思ったらすぐできると思ってませんか?いえいえそんなことはありません。妊活、不妊で悩んでる方は増える一方です。赤ちゃんが欲しいと思ったら、まず何から始めたらいいのかをご紹介します。

更新日: 2017年10月13日

mautan2509さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 220 view
お気に入り追加

赤ちゃんって簡単に出来ると思ってた!

赤ちゃんが欲しいと思うようになる前は、避妊しなければ赤ちゃん出来ちゃうんじゃないかと思ってたので、いざ赤ちゃんが欲しいと思ったら、簡単に出来るんじゃないのかなと考えていました。
でも避妊をやめたところで、当たり前のようにやってくる生理
自分の身体がおかしいのかなとさえ思いました。
しかし本来でもそんなに簡単に妊娠するわけではないんです。

妊娠できる確率は、どれくらいなのでしょうか。

健康的な25~30代前半の男女が、排卵日に合わせて性交をしても、妊娠する確率は20~30%くらいといわれています。
30代後半だと15~18%程度、40代になると1~5%程度と徐々に自然妊娠の確率は減っていきます。

まずは自分の身体のサイクルを知ること

最初にはじめてほしいことは、基礎体温をつけることです。
基礎体温をつけることで、自分の身体がどのような状態かを知れます。

基礎体温のグラフでは、生理や排卵など、女性のカラダをコントロールしている女性ホルモンの動きが確認できます。 基礎体温を継続的に測定、記録することで、あなたのカラダのリズムが見えてきます。

基礎体温の計り方

朝、目が覚めたら、そのまま動かずにふとんの中で検温します。
体温計の先端部を舌下(舌の裏側)の正しい位置に入れ、口を軽く閉じた状態で測定してください。
ずれないように、体温計を指でささえておくのがポイント。

検温は、毎朝一定の時刻に行いましょう。(なるべく同じ時刻に測定することで、ブレ(変動)の少ない基礎体温が記録できます)
検温中に起き上がったり、動き回ったりしないこと。(正確な基礎体温が測れなくなります)

基礎体温で分かること

1.次の生理の予測ができる
高温相の日数は「14日間前後でほぼ一定」という特徴から、排卵後は次の生理が始まる時期を予測することも可能です。 たとえば今日が高温相に入って4日目なら、あと10日ほどで生理になることが予測されます。

2.妊娠しやすい時期の目安が予測できる
排卵の3〜4日前から排卵後の1〜2日の間は、妊娠しやすい時期といわれています。ただし、生理周期が乱れ がちな人、排卵がきちんとできていない人は予測が難しくなります。

3.きちんと排卵できているかどうか確認できる
体温の低い時期(低温相) と体温の高い時期(高温相)の温度差が0.3℃以下であったり高低がはっきりしない場合、 排卵していない可能性があります。もし生理があったとしても排卵がなく、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌され てない「無排卵月経」の可能性があります。

4.女性ホルモンが分泌されているか確認できる
体温の高い時期(高温相)9日以内の場合は、卵巣の働きがやや低下していることも。女性ホルモンのひとつであ る、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌異常がある「黄体機能不全」の疑いが考えられます。

5.妊娠の可能性を早期にチェックできる
高温相が16日以上続ときは、妊娠している可能性があります。「もしかしたら」と思ったら、早めに婦人科を受診しましょう。

もし、基礎体温がガタガタだったり、低温期や高温期が分かれていない場合は、必ず原因があります。
原因を知って、しっかりと対策をおこないましょう。

1





mautan2509さん