1. まとめトップ

今日は13日の金曜日。

で、いったいそれって何?に答えます!

13日の金曜日と聞くと映画のジェイソンのイメージが強くないですか?でも本当は・・

13日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび、Friday the 13th)は、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。諸説あります。

キリストの最後の晩餐に13人の人がいたことから、13は不吉な数とされた。また、キリストが金曜日に磔刑に処せられたとされていることから、13日の金曜日が不吉であるとされるようになった。

一説には、イヴによるアダムの誘惑も大洪水からノアが脱出したのもバベルの塔が壊されたのも13日の金曜日だと言われるが、聖書にそのような記述はない。

北欧神話では12人の神が祝宴を催していた時に、13人目となる招かれざる客ロキが乱入して人気者のバルドルを殺してしまったとされ、キリスト教以前から13を不吉な数としており、13日の金曜日についても伝説を持つ。それは魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが11人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいたからだという。

なおゲルマン諸語で「金曜日」を表す語は「フリッグの日」に由来する。

フィリップ4世がフランス全土においてテンプル騎士団の壊滅を図るため、メンバーたちを一斉に逮捕したのが、1307年10月13日の金曜日だった。その後騎士団は異端とされ財産を没収の上解散、幹部たちを火刑に処している。

うっ!!!!今日は13日の金曜日!!!!!!!って最近は誰も云わないのね・・・(笑)

調べたところ多い時間で3000ツイートも

みなさん13日の金曜日には結構反応してますね!
でもあまり日本的には関係のない日のようですね。

1





sakura39.さん

美容大好き元エステティシャン。
ゆえに基本美容系が多めかも、、
気になること気ままにまとめます。