1. まとめトップ

おうちでキャンプ! 話題のベランピングの魅力とは

インスタ人気に引きずられるように?いろいろな形でピクニックが流行っているようですが、ベランピングという新しい形のピクニックが人気のようです。

更新日: 2017年10月13日

5 お気に入り 1293 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ornaltricoloさん

グランピング+ベランダ=ベランピング!

"ベランダ"で"グラマラス"な"キャンプ"をするからベランピング。
ベランダでタバコを吸うホタル族のような扱いではありません。

アウトドア好き以外の一般の間でも、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語「グランピング(豪華なキャンプ)」が爆発的ヒットとなりましたね。

ベランピングとは“ベランダ”+“グランピング”の造語。聞きなれない単語が並んでいますが、自宅にいながらアウトドア気分を楽しむホームパーティーが最近増えているそうです。

ベランピングの魅力とは?

キャンプも流行っていますが、それは手ぶらで行けるなど楽に行ける環境が整ったからという点もあると思いますが、ベランピングは移動がないのでさらに手軽!

ベランピングには「これをしないといけない!」という決まったスタイルはありません。自分たちのしたいことを、自由に楽しむことができますよ。のんびりとお食事を楽しむもよし、家族や仲間とわいわい過ごすもよし。ぜひあなただけの過ごし方を見つけてみてくださいね。

ベランダでアウトドア気分が楽しめる、優雅な時間が過ごせるということで注目され、ベランピングを始める人が続々と増えています。

ベランピングを楽しむには?

ベランダで快適に過ごすためにインテリアは必須。
アウトドア用のチェアだけでもいいですし、DIYでしっかり作るのも楽しいです。

タイル状の設置するだけのフロアデッキを利用すれば、殺風景なマンションのコンクリートも簡単にアレンジできちゃえます。また、手入れが面倒な観葉植物も置くだけ造花があるのだとか。そこへ椅子とテーブルを置けばいつでも使える屋外ディナー会場に変身。

大きなグリーンやウッドデッキがあれば、目隠しになるだけでなく、日常から抜けだした気分にも。
他にも、ガーラント、カッティングボード、LEDランタン、ブランケットなどなど。

自宅のベランダでキャンプ気分、カフェ気分が味わえるといっても、背伸びは禁物。あくまでも、自分らしく、等身大で過ごせる空間づくりが鍵を握ります。

インテリアで雰囲気を作ったら間接照明や小物を準備。
それだけでグラマラスな感じになります。
また、これからの季節は空気が澄んで星空も見やすくなります。

夕方から夜にかけてベランピングを楽しみたいという方は、ランタンを用意するのもおすすめです。日が落ちてくるとベランダは意外と暗くなるということもありますし、何よりムードたっぷりな雰囲気で楽しめます。

キャンドルの火は、眺めているだけでもモヤモヤしていた気持ちがすっきりしていきそう。部屋の照明はオフにして、ほのぐらい空間でのんびりと過ごすのも素敵です!

アウトドアで重宝するプラスティックカップや紙コップ。バルコニー飲みであれば、シャンパングラスやワイングラス、ビアグラス等のグラスでぜひ飲んでみて。グラスならでは! ワインやお酒の香りもじっくり堪能できるはず。

いつもの料理も環境が変わるだけで美味しいですが、やっぱり特別な料理は雰囲気も作ってくれます。
七輪でミニバーベキューなどもできますが、煙には要注意。
初心者はケータリングやデリバリーなんかが便利です。

料理に関しては、「外で焼かない」が、ベランピングの基本ルールとなります。煙もくもくなバーベキューではなく、ケータリングスタイルがベター。

ベランダで何か飲み食いしたいということでBBQコンロと卓上バーナーが必要です。バーベキューのコンロだけだと火力の調整が不便、すぐに調理したい場合にも不向きなのでカセットコンロがあると便利です。

鋳鉄製のフライパン・スキレットは、見た目の可愛らしさ・オシャレさだけでなく、作ることのできる料理の多彩さからも、自宅でゆっくり食事を楽しむ「おうちごはん」や、ベランダで気軽にゆったりアウトドア気分を楽しむ「ベランピング」での定番アイテムとなりました。調理後そのままテーブルに持ち出せるので、 お料理を熱々のまま供することができる上に保温効果もバッチリ。

1