1. まとめトップ

ハーモニカ初心者必見!Cで演奏できる曲まとめ

ハーモニカを始めるのはいいけど、何の曲が吹けるの?そんな人のために、初心者向けの曲をまとめてみました!

更新日: 2017年10月13日

2 お気に入り 2329 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

grassfunnelさん

▼お手軽に始められるハーモニカ。でもキーによって出来る曲が異なる・・・?

10ホールハーモニカはその名の通り、10個の穴を持つハーモニカ。1つの穴で吹いて、吸って、2つの音が出ます。

10個 × 2音 = 20の音が出るということですね。

10穴で3オクターブの音域が出せますが、完全な3オクターブの音階になっているのではなく、主にはコードを吹くために作られております。

Cキーであれば、低いファが出ないなど。

ブルースハープ(10ホールズハーモニカ)はGからF#まで合計12のキーが存在しており、異なるキーに楽曲を吹こうする場合は楽曲に合ったキーのハーモニカに交換する必要があります。

▼初心者なら、まずはCキーのハーモニカ!

では一度に12本全部揃えなければならないのか?といったらそうではなく、1本のハープでいくつかのキーに対応した吹き方があるので、まずは基本となる『C』のキーのブルースハープを購入すれば良いと思います。

ハーモニカには、10個の穴があり、音階は下記の通りになっています。(C調)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
吹 ド ミ ソ ド ミ ソ ド ミ ソ ド
吸 レ ソ  シ レ ファ  ラ シ レ ファ ラ

▼ベント奏法が出来るようになれば、曲の幅が広がる!

ブルースハープは通常の吹き方ではダイアトニック以外の音(#や♭)を鳴らすことが出来ませんが、「ベンド」という奏法によりダイアトニック以外の音を出すことが可能となります。

ベンドは音程を半音程度下げるテクニック。2番3番穴は最大で1音(全音)まで下げることができます。

ベンドが出来るようになるとブルースハープの演奏できる曲の幅が圧倒的に増えるようになります。

Cキーにおいては、通常では出すことの出来ない半音が、ベンドを活用することで鳴らすことができます。

▼入門編<童謡など>

誰もが聞いたことのある、簡素ながら素敵な曲です。

かえるのうた

楽器練習の定番の曲「かえるのうた」。
大きなポジション移動がないので初心者の人でもあっさりと吹けてしまう曲だと思います。

キラキラ星

蛍の光

▼慣れてきたらやっぱり有名曲を!<Jポップ>

明日があるさ(ウルフルズ)

上を向いて歩こう(坂本 九)

桜坂(福山雅治)

1 2

関連まとめ