1. まとめトップ

【洒落怖 名作】 最凶の護衛

数ある洒落にならない怖い話の中でも名作と呼べる作品を紹介します。今回の作品は『最凶の護衛』です。

更新日: 2017年10月13日

2 お気に入り 1075 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ghostailさん

『最凶の護衛』

俺が田舎の婆ちゃんの家へ遊びにいった時の話。
ひさしぶりに遊びに行ったら遅くなってしまい泊めてもらう事になった。
寝床につこうとすると障子に子供の影が・・・・この家には子供などいないのに・・・・

今まで語り継がれた有名作品や
最近の作品の中で怖さや話の上手さなどを総合して
個人的に気に入ったお話などを載せています。

書いていいなら投下するぞ。

文才ないので、変な表現なるかも知れんが大目に見てくれ。

これは102になる俺の婆ちゃんから聞いた話&俺が体験した話なんだけど、
今思い出しても少し怖いかな。

あれは1年前の話、俺は田舎に住んでる婆ちゃんの家に遊びに行った。

俺にとっては当然だけど、
婆ちゃんの家には偶にしか行けないから凄く歓迎されるわけよ。

「あら、よく来たわね。いらっしゃい」

「婆ちゃん大丈夫?病気とかしてない?」

「大丈夫よ」

こんな風に話してたりしたら、夢中になっちゃったんだろうね。

時計を見ると午後九時を回ってた

帰ろうにも俺は県外に住んでたので、
その日は泊めてもらうことになった。

婆ちゃんの家には、
102の爺ちゃんもいるんだけど二人は幼馴染同士の結婚らしかった。

その日俺は風呂に上がり、爺ちゃんとビール飲んで寝ようとしてた。

布団自分で用意して、寝ようと思ったその時だった。

障子の向こうに子供くらいの影が映った。

それも何人も。当然婆ちゃんの家には子供はいない。

俺は余りにもビビりなので声も出ないほど驚いて気絶したようだ。

次の日、俺は婆ちゃんたちにそのことを話した。

婆ちゃんたちはその事を話すと次のように語ってくれた。

婆ちゃんたちが子供のころ、婆ちゃんと爺ちゃん、他数名、
合わせて13人くらいがとある神社でかくれんぼして遊んでたらしいんだけど、
その中の一人、吉っちゃんって呼ばれてる男の子が妙なものを拾ったらしい。

しかも五寸ほどの薄黄色く尖ったものであるが、
きっと兵隊さんが落したんだろうと思って
吉っちゃんは親に預けたらしい。

その次の日、その妙なものを預けた吉っちゃんを含む家族全員と、
吉っちゃんの家が跡形もなく消えていた

正確に言うと家が消え、人間が肉塊の状態で発見されたらしい。

だが吉っちゃんだけは死んでいない・・・というか死体が見つからなかったんだと。

それから婆ちゃんの家の周辺に、夜な夜な子供が出現するようになった。

しかも、厄介なことに、その子供たちは自分の仲間をもっと増やしたいらしく
気に入った子供は連れて行くらしい。

だが最初に連れ去られたという報告は全くと言っていいほどない。

ヤバいのは三日目だそうだ。

何故三日目かというのは地元の人たちにも良く分からんらしいが
とにかく三日を過ぎて、無事だった子供は居ないとのこと

俺はすぐさま、家の敷地内にある小屋に閉じ込められた。

まあ婆ちゃんの家は金持ちなので、いろいろ置いてあった。

テレビとか、DVDとか冷蔵庫とか四隅に積み重ねられたお札とか。

それから、昔一緒に遊んだ友人Aも一緒に入れられた。

A曰く護衛とのこと。

俺が、連れて行かれないようにするために
一家を代表して選ばれた・・・とか言ってた

ありゃあ深夜の二時ごろだったかな、Aと話してたらいきなり、

「とーおりゃんせ、とーりゃんせー」

子供の声が聞こえた。俺は、空耳かなと思いつつAと話を続けようとした
その瞬間すぐ空耳でないことが分かった。

Aが既に臨戦態勢に入っていたのだ般若心経を唱えながら塩を振りまいている。

Aが唱えるごとに子供の声も次第に大きくなり、
遂には子供の声ではなくなっていた。

さらにはAの声よりも大きくなり、
もうだめだ・・・・と思った瞬間俺の意識が途切れた。

気がつくと、俺は布団の中に横たわっていた。

周りにはAを含む俺の知ってる人たちがいた。

俺は何があったか全く分からなかったので、

聞いてみた、するとAは「お前・・・覚えてないの?」

「え?覚えてるも何も・・助けてくれたのお前じゃん?」

「ちげーよ、お前自分で悪霊の中に飛び込んでったんだろうが」

言ってる意味が分かんなかった。

Aの話だと

俺がその悪霊(いわゆる子供たち)に突進してったらしいんだけど

悪霊たちの表情がひきつったそうだ。

子供たちは歌ってた時まで俺をすんなり殺して、
早く仲間に引き入れようと思ってたらしいんだけど
飛び込んだ瞬間に悲鳴をあげて、消えてしまったらしい。

そんな不思議な話信じられるかと普通は思うよな?

その後にAが一言

「お前、ソイツどうすんの?」

「はい?」

「いや・・・だからさ、お前の中にいるそれだよ。
 流石に俺でもそれは手には負えんわ」

どうやらその俺の中の「何か」がその90年近く
その土地にいた悪霊を瞬時に消したらしい

「いつから付いたのかは分からんけど、
 とりあえずそれがいる限りお前は
 どんな性質の悪い悪霊を相手にしても無事だろうよ」

などと結構酷い言葉を浴びせられた。

その後、Aに知り合いの超強力な霊媒師を紹介してもらったんだけど
その人もお手上げ状態。

半分諦めてるが、なんとか頑張ろうと思う。

1