1. まとめトップ

スマホの発熱に困ったら、今すぐやるべき対策!

スマホが発熱すると、様々な弊害が……。原因を把握して、すぐに対策しましょう。

更新日: 2017年10月13日

grassfunnelさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 1083 view
お気に入り追加

▼あなたのスマホは大丈夫?多くの人が体験したことがあるスマホの発熱

修理されたスマホ、修理されたと思えないほど発熱するな……。

スマホゲーム大好きパトリオットは今日もスマホの発熱と戦う…

発熱するスマホとモバイルバッテリーしか暖を取るものがないから握りしめてる

▼スマホが熱い……。ほっておくと大変なことに?

スマートフォンを長い間使っていて、とても熱くなってしまったという経験は、比較的多くの人がしていることかと思います。

発熱しやすいスマートフォンは、本体にさまざまな問題を抱えている可能性もあることから、放置しておくことは危険でもあるのです。

様々な不具合を引き起こしてしまうスマートフォンの熱暴走。夏になれば発熱度合いもすごいですから尚更です。

要するにバッテリーに負荷がかかることによって起きる発熱です。

やはりCPUに負荷がかかることによって熱が発生してしまうことが主な原因となります。

また最近では減少傾向にありますが、一部機種においては、CPUが構造上発熱しやすく、その影響を受けて本体も発熱しやすくなったというケースも見られます。

▼すぐに出来る対策は?

最悪の場合、熱によって本体が“暴走”し、勝手にリセットしたり、フリーズしてしまったりすることもあるので注意が必要です。

1.冷却する(※冷蔵庫へ入れるのはだめ!)

今使ってるケースを気に入ってるしわざわざ買い換えたくない!という場合は、ケースと本体の間に冷却シートを貼るのも効果があるかもしれません。

2.ながら充電をしない。

充電しながらスマホ操作をするのをやめてみてください。
スマホが熱くなる原因の一つに、バッテリーの発熱があります。

なかでも充電は、バッテリーに負荷がかかる作業の1つと言え、急速充電する際に本体が熱くなることもありうるのです。

3.CPUへの負荷を抑える。

そしてもう1つ、CPUに関連した発熱というのも、やはりCPUに負荷がかかることによって熱が発生してしまうことが主な原因となります。

4.再起動する。

再起動することで、アプリのキャッシュがクリアできますから、動作が重いのも解消します。

1