1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「図書館は文庫貸し出しやめて」…文春社長の発言に波紋が広がっている

大手出版社の社長が13日、文庫本をめぐって、ある注目すべき発言をしました。都市部の図書館での文庫本の貸し出しが目立っているとして、「図書館は文庫の貸し出しをできればやめていただきたい。これはお願いです」と述べた。

更新日: 2017年10月14日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 77475 view
お気に入り追加

○大手出版社の社長の発言が波紋

大手出版社の社長が13日、文庫本をめぐって、ある注目すべき発言をしました。

本の売り上げ減少という課題がある一方で、さまざまな本を提供する図書館の役割もあり、議論を呼びそうです。

売り上げ減少が続く文庫本について図書館での貸し出し中止を文芸春秋の松井清人社長が要請することが分かった。

○“図書館で文庫本貸さないで” と呼びかけ

「全国図書館大会東京大会」では、図書館と出版文化の在り方を考える分科会が開かれ、文藝春秋の松井清人社長が講演しました。

都市部の図書館での文庫本の貸し出しが目立っているとして、「図書館は文庫の貸し出しをできればやめていただきたい。これはお願いです」と述べた。

貸出数の4分の1を文庫が占める地域もあるなどと実情を示し、13日の全国図書館大会で市場縮小の要因の一つと訴える。

○文庫本の売り上げが、金額ベースで6%程度減り続けていると指摘

松井社長は分科会で、文庫の売り上げが2014年以降、毎年6%程度落ち込んでいるという出版科学研究所のデータをあげつつ、自社の収益の3割以上を文庫本が占めると説明。

この中で松井社長は、文庫本の売り上げについて3年前から毎年、金額ベースで6%程度減り続けていると指摘しました。

松井社長は、文庫を積極的に貸し出す図書館が増えたと指摘。しかし、売り上げ低迷との関係を示すデータはないと説明した。

○2015年には新刊本の貸し出しを猶予するよう求めていた

出版業界と図書館をめぐっては、おととしの大会でも、新潮社の社長が「人気の最新本は図書館で1年間貸し出さないでほしい」と呼びかけています。

図書館と文芸出版を巡っては、2015年に新潮社の幹部が新刊本の貸し出しを半年間、猶予するよう図書館側に求める発言をして議論を呼んだ。

○「文庫は借りずに買ってください」と呼び掛ける

○このニュースはネットでも話題になっています

図書館に置くななんて事になったら、文庫がでない本がふえるだけだと思うんだよなあ。

図書館ってそんなここ5年くらいで文庫ばっかりめちゃくちゃ置くようになったの?私中学生の頃からラノベはめっちゃ借りて読んでた気がするけど

図書館に文庫置かないでって実現したら、図書館が購入する分の売り上げも減るのでは……

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。