1. まとめトップ
  2. 雑学

まだまだ知られてない!地球とは思えない世界の絶景スポット【10選】

世界にある異世界感あふれる絶景スポットを紹介します!アマデウス湖/ンゴロンゴロ/ブライデリバー・キャニオン/アッベ湖/アイット・ベン・ハドゥ/紅河ハニ棚田/ロードハウ島◆秘境/海外旅行/インスタ映え/一度は行きたい/フォトジェニック/SNS映え

更新日: 2017年11月14日

77 お気に入り 50421 view
お気に入り追加

地球とは思えない秘境中の秘境

アマデウス盆地にあるアマデウス湖の大きさは、長さ180km、幅10kmもある巨大なものだ。

アマデウス湖に水があるのは雨季の間だけで、乾季になると、白くて厚い塩の結晶がむき出しとなり、赤い島のようなものが出来上がります。

ヘリコプターなどの空路でないと訪れることが難しい場所ですが、地球とは思えない素晴らしい風景が広がっています。

巨大クレーターにある動物の楽園

数百万年前の大噴火とその後の地殻変動によってできた山手線の内側ほどの巨大なクレーターに、約2万5000頭の野生動物が生息。

ンゴロンゴロとは、現地の言葉で「巨大な穴」を意味し、世界遺産に登録されています。

自然保護区内には現在、絶滅危惧種のクロサイをはじめ、ゾウ、ライオン、ヒョウ、バッファローの「ビッグファイブ」と呼ばれる野生動物が生息。

まさに動物達の楽園と化しています。

地球で最も過酷な場所

アタカマ砂漠(Atacama Desert)は、チリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠で、世界で最も乾燥した砂漠として知られている。

長さは南北に約1000kmあり、40年間まったく雨が降らなかった地域もあります。

日本では眺めることのできない南十字星や大マゼラン星雲ほか、数え切れないほどの星座が所狭しと広がる景色は圧巻の一言。

天空に聳える宗教都市

ラルンガルゴンパは文化大革命を生き抜いた高僧ケンポ・ジグメ・プンツォクにより1980年代に開かれたチベット仏教の四大宗派、ニンマ派の僧院です。

ラルンガルゴンパがある場所の標高はなんと4300m。まさに天空の宗教都市です。

一つ一つは宿坊となっており、僧侶の袈裟の色である印象的な朱色で統一されています。

自然が造りだした芸術品

レナ川沿いには150メートルから300メートルほどの高さの自然岩の柱群からなる、レナ川の柱群が存在します。

柱群の高さは150メートルから300メートルで、カンブリア紀の海盆の隆起と、100度にもなる年較差がもたらす浸食作用で形成されたものである。

世界遺産にも登録されています。

世界最大の緑の渓谷

アメリカのグランドキャニオン、ナミビア最南端のフィッシュリバーキャニオンと並んで「世界三大峡谷」と讃えられている。

森が茂っている渓谷としては世界最大の大きさです。

1 2





日本や世界の行ってみたくなるような絶景やホテル・旅館を中心にまとめていきます。