1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あなたは大丈夫?「レイシャルハラスメント」に気を付けたい

レイシャルハラスメントという新しいハラスメントが問題になっています。

更新日: 2017年10月14日

52 お気に入り 164101 view
お気に入り追加

■レイシャルハラスメントとは

レイハラ)とは、人種、出自、国籍をもとに、相手を不快や不安な状態にさせるハラスメントである。

特定の人種、民族、国籍にかかわる不適切な言動や行為。侮蔑的発言や日本人しかいないことを前提とした会話や事業、ミスや考え方を特定のルーツに結びつけた評価なども含む。

レイシャル、つまり人種差別的ないやがらせです。外国人やハーフに対して行われる差別を指します。

上司から部下への関係だけでなく部下から上司、顧客から従業員などあらゆる関係性で起こりうる。

出自に関する侮蔑的発言や特定の民族しかいないことを前提とした会話や事業、ミスや考え方を特定のルーツに結びつけた評価なども含み、あらゆる関係性で起こりうる。

ハーフだから嫌がらせをしたり、○○人だから嫌がらせをしたりといったことが該当します。

■「日本人と同じに扱う」という事でも発生する

「日本人と同じに扱う」ことがレイシャル・ハラスメントになりうる場合があります。

「出自にともなう文化的背景を尊重してほしいというマイノリティからの要求を拒否し、他の日本人と同じ基準で振舞うように強要した場合」

とくに職場では日本人しかいないことを前提とした会話や特定のルーツに結びつけた評価などが問題になる。

■ヘイトスピーチと似ている

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。

人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、障害など[8][9]自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて[9]個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のこと

ヘイトスピーチとは、「暴力を正当化する発言」や「他国の文化を否定的に判断する態度(=エスノセントリズム)」のこと

■京都市内に通う在日コリアンの方の事例が紹介されている

京都府内の私立大に通う在日コリアン3世の女性は、幼稚園から高校まで朝鮮学校に通い、本名を名乗っています。

大学の講義で、非常勤講師が「韓国は恥ずかしい国」「韓国は近代国家ではない」などと繰り返し、強い恐怖を感じたといいます。

大学の講義で非常勤講師が在日コリアン学生のいるクラスで「韓国は恥ずかしい国」と言ったそうだ。こんな差別主義者が大学の教壇に立てる国ってなんなのだ。また、「韓国は近代国家ではない」とも言ったそうだ。その現実認識のなさに言葉もない。この人物を調べて講師に雇ったのだろうか。唖然!

■アメリカなどでは賠償命令なども出されている

米国ではセクシュアル・ハラスメントと並んで、就業環境を害する言動としてしばしば損害賠償命令が出されている。

具体的には、深刻な人種的差別が発生してもそれが放置された場合、あるいは人種差別的な状況が長期的かつ職場環境全体に蔓延している場合

アメリカでは特に「セクハラ」と並ぶ一般的な問題として認知されています。

■レイシャルハラスメントに関するみんなの声

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします