1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

噴煙2300M新燃岳が再び噴火‥様々な生活に影響が広がる

霧島連山の新燃岳が再び噴火し様々な影響が出始めています。ネットからも心配の声が広がっています。

更新日: 2017年10月14日

7 お気に入り 14878 view
お気に入り追加

新燃岳が再び噴火し噴煙2300メートルまで上昇

14日午前8時23分、宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ、1421メートル)が再噴火した。

噴煙は火口縁上2,000mまで上昇。このまま噴火が継続すると小林市や鹿児島県霧島市では視界不良となるような降灰量になる恐れがあります。

町は住民への注意喚起や被害調査に追われ、観光関係者は秋の行楽シーズンに噴火が重なった影響を懸念

新燃岳の灰が降ってき始めたし、硫黄の臭いもするしで、最悪だー 洋服が大変な事になる。

新燃岳、ちょーど噴火したばかりだったのですね。あたり真っ暗で灰が激しく降ってる訳です pic.twitter.com/D6e0ooy66M

実家の親から届いた写メ。新燃岳がまた噴火して灰が飛んで来たそうな。天気も悪いから、灰のせいで黒い雨が降ったらしい。 pic.twitter.com/1WrIJFI1cV

新燃岳めっさ燃えてる ふもとの街は洗車場が大盛況とのこと

警戒が続いている「新燃岳」とは

九州南部の霧島山中央部に位置し、有史以降も噴火を繰り返している標高1,421mの活火山である。

砕屑丘とは噴火活動により噴出した火山砕屑物だけからなる火山で、山の直径は小さいが火口は大きいのが特徴である。

気象庁によるとこれまでの発表

新燃岳は11日に約6年ぶりに噴火。気象庁が噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

再噴火による噴石の飛散は確認されていない。宮崎県小林市、鹿児島県霧島市では視界不良となる程度の灰が降ると予想している。

ビデオジャーナリストよる噴煙動画も公開されています。

ジェームズ・レイノルズ(JamesReynolds)さんは、ドローンを飛ばし、山頂火口から絶え間なく噴き上がる迫力ある噴煙動画の撮影に成功

様々な影響が広がりはじめています。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。