1. まとめトップ

エヴァンゲリオン全作品の紹介と見方 ※これから観る方へ

「エヴァっていくつ作品の種類があるの?」「どんな順番で観ていけばいい?」「エヴァって難しいけど、どんな風に観ればいい?」なんてことを思っている方々に向けて、それぞれの質問の答えとなるまとめ。

更新日: 2018年12月30日

8 お気に入り 143073 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

EVA_Mark.06さん

どうも、EVA Mark.06です。

今回は、
「エヴァっていくつ作品の種類があるの?」
「どんな順番で観ていけばいい?」
「エヴァって難しいけど、どんな風に観ればいい?」
なんてことを思っている方々に向けて、それぞれの質問の答えとなるまとめを投稿させていただきました。

※このまとめは見やすくするために、敬称を略しています。

Q1.エヴァっていくつ作品の種類があるの?

公式(公認)のエヴァンゲリオン作品はジャンルに分けると3種類あります。それぞれ、
「アニメーション」
「漫画」
「小説」
です。

特に「アニメーション」は
〔旧作〕と〔新作〕
に分かれます。

次ページから順番に紹介していきます。

〜アニメーション(監督:庵野秀明)〜

まずは

〔旧作(1990年代)〕

放送期間:1995年10月4日~1996年3月27日
話数:全26話

エヴァンゲリオンシリーズの原作です。
注)漫画は原作ではありません。

《あらすじ》
西暦2015年。第3新東京市に、謎の敵性生命体“使徒”が襲来した。
主人公・碇シンジは、人類が“使徒”に対抗する唯一の手段である汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦者に抜擢されてしまう。今、人類の命運を掛けた戦いの火蓋が切って落とされる。
果たして“使徒”の正体とは?
少年たちと人類の運命は?

主人公たちの内面を描いたアニメ第25話と第26話の2話は、第24話までの伏線や謎の回収を完全に放棄しており、物語の完結と言えるものではありませんでした。そのため、アニメ放送終了後に、最終2話はリメイクし、それとは別の“完全新作の劇場版”の製作・公開が発表されました。

その後、記者会見が開かれ、そこで1997年春にアニメの総集編とリメイク版第25話・第26話をセットにした完結編「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」、同年夏には“完全新作の劇場版”が公開されることが発表されました。

しかし、そのリメイク版である「REBIRTH」編の完成は当初の公開時期に設定されていた1997年春には間に合わないことが事前に判明したため緊急記者会見が開かれ、春の映画では総集編の「DEATH」編と制作途中の「REBIRTH」編が公開され、夏に完全版「REBIRTH」編となる「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」が公開されることが発表されました。

公開日:1997年3月15日

通称「春エヴァ」「シト新生」。
アニメの総集編(DEATH)と、第25話のリメイク(REBIRTH)の前半部分の2部構成。
「DEATH」は正直つまらないです。追加された新カットなどもありますが、「REBIRTH」も次ページ以降の作品で「Air」として観られるため、この作品自体、特別観る必要はありません。

《あらすじ》
[DEATH]
西暦2000年、南極大陸で行われた実験が人類に壊滅的打撃を与えた。このセカンド・インパクトにより、地球の地軸はねじ曲がり、世界人口は激減した。それから15年後、人類は再び試練の時を迎える。“使徒”と呼称される謎の巨大物体の出現、その使徒に対抗すべく暗躍する、特務機関ネルフ。その戦いの中心となったのは14歳の少年、碇シンジ。彼は、不安、不信、恐怖、怒り、そして果てしなき戦いの後に、孤独と絶望を知る。

[REBIRTH]
後述。

公開日:1997年7月19日

通称「夏エヴァ」「EOE」「旧劇場版」。
「Air」は未完成だった「REBIRTH」の完全版。

《あらすじ》
[REBIRTH]≒[Air(REBIRTHの完全版)]
人為的なサードインパクトに失敗したゼーレはネルフに攻撃を仕掛けてきた。絶望的状況の中、母の存在、自己の存在を確認したアスカが復活、反撃を開始。しかし天空より新たな敵が舞い降りてきた。

[まごころを、君に]
初号機に搭乗したシンジの見たモノは、無ざんな残骸となったアスカの弐号機だった。量産機が初号機を取り巻き、厳粛なる儀式を執り行う。ヒトの心の補完とは一体何なのか。

放送日:1998年1月2日

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」の「DEATH」を修正し、WOWOWで放送した作品。アスカの自己紹介ループシーンがカット&幾つかのシーンで台詞追加し、新たに「DEATH(TRUE)」としました。

公開日:1998年3月7日

前ページのWOWOW放送版「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 TV放映版」を更に再編集したバージョンであり、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」の完全版です。

先ほども書いた通り、TVシリーズ第25話と第26話の2話は、主人公たちの内面を描いた作品であるのに対し、劇場版の「Air/まごころを、君に」は現実の出来事を描いた作品です。ここまで観ることで旧作シリーズは完結します。

※制作中止

先ほど書いた通りの制作上の遅延もあり、エヴァンゲリオン作品は「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」をもって完結とされ、当初予定されていた“完全新作の劇場版”は制作されずに終わりました。

後に、インタビューで庵野監督自身から“完全新作の劇場版”についての当初のプロットを明かしており、本人曰く
「『進撃の巨人』とそっくり」
な内容だったそうです。

次ページからは


〔新作・新劇場版シリーズ(2000年代)〕

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を庵野監督自らが再び手がけた作品です。

公開日:2007年9月1日

《解説・あらすじ》
選ばれし14歳。少年たちの挫折と成長の物語
庵野監督がREBUILD(リビルド)=再構築した
新たな「ヱヴァンゲリヲン」の世界へ
“EVA”のパイロットになったシンジが
使徒と壮絶なバトルを繰り広げる!

大筋はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の1話〜6話と同じですが、細かい設定や演出が新しくなっています。

公開日:2009年6月27日

《解説・あらすじ》
エヴァの世界観を一気に突き“破”った
「新劇場版」シリーズ第2弾!!
選ばれし14歳…覚悟と決意の物語
新たな伝説へと生まれ変わる“エヴァ”!
シンジとレイ、そしてアスカとマリ……
エヴァンゲリオンのパイロット4人を待ち受ける更なる試練

冒頭からアニメには無かったシーンです。新しい登場人物「マリ」も加わり、物語は旧作シリーズから大きく離れます。

1 2