1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国内最多クラス京都でヒアリ2000匹‥経緯や今後が気になる

5月に尼崎市で発見され話題になったヒアリ一時報道が収まりましたが今度は京都で2000匹と国内最多の報道

更新日: 2017年10月15日

7 お気に入り 40918 view
お気に入り追加

ことし全国各地の港湾部発見されたヒアリ問題

中国から輸入した積み荷から、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」の女王1匹を発見したと明らかにした。

全て働きアリで死んでいた。女王アリや卵も発見されず、繁殖している可能性は低いとしている。

名古屋港鍋田ふ頭(同県弥富市)のコンテナターミナルの緑地で、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」2匹が見つかったと発表した。

そうした中、京都で約2000匹を確認と報道

女王アリ2匹や卵、さなぎを含む約2千匹で、既に駆除した。京都府内でヒアリが見つかったのは初めて。

毛布は9月20日に中国・海南島の工場から出荷された。香港を経由して大阪港で陸揚げされた後、向日市へ運び込まれていた。

今回の京都でのヒアリ発見をふまえてネットからも様々な反響

毒虫先生のヒアリ刺された時の対処法。もちろん、一つの御提案です。 pic.twitter.com/FxDu5OdF3u

京都でヒアリ発見ってどこだよ、ってめっちゃ他人事に思ってたら向日市かよ!!!まじか。殺虫処分は終わってるって言っても正直こわいな。

何度も言うけれど、ヒアリの件は最近の報道で過剰になって血眼になって探してるから見つかるだけで住み着いたのは最近の事では無いと思うけど… 防除意識が高くなるのは良い事だが、在来アリまで殺されたり良い事だけでは無いね

ちなみに、このヒアリの何が問題なの?

新たな巣を作って繁殖するため、一度侵入を許すと、完全に駆除するのは難しくなる。

今ならまだ分布もまさに水際。ここで食い止めないと、これまで日本での繁殖を許してきた多くの外来種被害の二の舞になってしまうだろう。

環境省と国土交通省は繁殖や定着を警戒

ヒアリが既に定着している中国、台湾、オーストラリアなどと定期コンテナ航路がある全国68の港湾を対象に生息調査に着手した。

いずれにしても、今後もヒアリの動きに注目が集まります。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。