1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

第二の“実写化俳優”!?吉沢亮が「マンガ原作」作品に出過ぎな件

漫画原作の実写化映画作品が多いため、「実写化俳優」と呼ばれることもある山崎賢人だが、新たにそう呼ばれそうな勢いなのが吉沢亮。山崎にも負けないイケメンを活かして、少女マンガ原作作品でブレイク。最近は「銀魂」など少年マンガ原作にも。来年以降も「マンガ原作」作品への出演が続々。

更新日: 2017年11月23日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 79024 view
お気に入り追加

◆「マンガ原作」作品が多いため「実写化俳優」と呼ばれる山崎賢人

【ピンク髪】山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』、ビジュアル解禁! news.livedoor.com/article/detail… “天下無敵の美少女”照橋心美を橋本環奈、燃堂力を実年齢38歳の新井浩文、中二病の海藤瞬を吉沢亮が演じることも発表された。 pic.twitter.com/eI6RVuO4x5

2017年10月21日公開

『ヒロイン失格』、『orange』、『デスノート』など、漫画実写化作品への出演が相次ぎ、今や“実写化ご用達”とも言えそうな俳優の山崎賢人。

また山崎賢人!?そんな声が聞こえるくらい少女マンガをはじめとするマンガ実写化作品に引っ張りだこ。

「一部からは“実写化専門俳優”と揶揄されるほど、安易に使われ過ぎています。」(芸能記者)

◆そんな山崎も「陸王」出演など、脱「マンガ原作」にシフト

山崎賢人(22)が10月スタートのTBS系「陸王」(日曜後9・0)に出演することが8日、分かった。同作は人気作家、池井戸潤氏(54)の同名小説が原作。

◆そんな中、注目されているのが山崎同様イケメンの吉沢亮

実は、『斉木楠雄のΨ難』の出演者で実写化作品への出演が多いのは山﨑だけではない。美形俳優としてジワジワと人気が出てきている吉沢亮も、“隠れ実写化王子”なのだ。

2011年放送の「仮面ライダーフォーゼ」で注目を浴び、その後少女漫画原作モノへの出演が相次ぎ女性ファンを獲得、いまやネクストブレイク俳優として必ず名前が上がる存在となった吉沢。

今年『銀魂』や主演作『トモダチゲーム』をはじめ5本の映画に出演し、いま最も勢いのある若手俳優・吉沢さん。

◆これまで数多くの「マンガ原作」作品に出演

『トモダチゲーム』シリーズ(2017)

吉沢はこれまでに、『男子高校生の日常』(2013年)、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013年)、『アオハライド』(2014年)、『オオカミ少女と黒王子』(2016年)など、人気漫画の実写化映画に次々と出演。

別冊少年マガジン(講談社)で連載中の原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生による「トモダチゲーム」を実写化する映画&ドラマ3部作で、吉沢亮が主演を務める。

2017年

「漫画原作、多いですね。最近は少年漫画をやらせていただく機会が多くなりました。それも『銀魂』から始まったんですが、連続して何作品か、少年漫画の実写化に携わることになりまして。」

吉沢のコメント

◆10月から放送の『ぼくは麻理のなか』では難役にも挑戦

フジテレビオンデマンドで配信されたドラマ「ぼくは麻理のなか」が、2017年10月16日(月)から地上波で放送されることが分かった。

「ぼくは麻理のなか」はある朝目を覚ますと、行きつけのコンビニで度々遭遇し密かに思いを寄せていた女子高生・吉崎麻理になっていた男子大学生・小森功の数奇な運命を描いた物語。

押見修造の同名マンガが原作

◆これから公開される「マンガ原作」作品も多数

俳優、吉沢亮(23)が、来年公開の映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督)に主演する。映画は白石ユキさんの同名漫画が原作。

岡崎京子原作の2018年公開予定の映画『リバーズ・エッジ』では、主演である二階堂ふみに次ぐ主要キャストとして出演する。

恋愛漫画の金字塔として知られる「ママレード・ボーイ」が女優、桜井日奈子(20)と俳優、吉沢亮(23)のW主演で初実写映画化され、来年公開される。

1 2





記憶の中で生きてゆける