1. まとめトップ

【妹さえいればいい。】感想まとめ

『妹さえいればいい。』は、2017年10月よりTOKYO MX・BS11ほかにて放送中の秋アニメ。略称は「妹さえ」。原作は平坂読のライトノベル。アニメ動画1話〜最新3話の反応・感想まとめ。

更新日: 2017年10月24日

2 お気に入り 5864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

anianijpさん

『妹さえいればいい。』

原作・シリーズ構成・脚本:平坂 読(小学館「ガガガ文庫」刊)
キャラクター原案:カントク
監督:大沼 心
キャラクターデザイン・総作画監督:木野下澄江
アニメーション制作:SILVER LINK.

PV

あらすじ

「妹さえいれば
人生は常に最高なのに、
なぜ俺には妹がいないのか……」

妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの
小説家・羽島伊月の周囲には、
天才作家にして変態の可児那由多、
女子大生の白川京、
イラストレーターのぷりけつ、
鬼畜税理士の大野アシュリーなど、
個性豊かな人物たちが集まっている。

それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり
ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり
といった、賑やかな日常を送る伊月たち。
そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、
ある大きな秘密があって―。

楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが
繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!

キャラクターと声優一覧

羽島 伊月(はしま いつき):小林裕介
羽島 千尋(はしま ちひろ):山本希望
可児 那由多(かに なゆた):金元寿子
白川 京(しらかわ みやこ):加隈亜衣
不破 春斗(ふわ はると):日野 聡
土岐 健次郎(とき けんじろう):鳥海浩輔
恵那 刹那(えな せつな):代永 翼
大野 アシュリー(おおの あしゅりー):沼倉愛美
三国山 蚕(みくにやま かいこ):藤田 茜

主題歌

OP『明日の君さえいればいい。』
  作詞 - 松井洋平 / 作曲・編曲 - yuxuki waga / 歌 - ChouCho

ED『どんな星空よりも、どんな思い出よりも』
  作詞・作曲・歌 - 結城アイラ / 編曲 - 渡部チェル

Twitter上の反応・感想

妹さえいればいい、1話観た。 はじめのシーンが気持ち悪いって言われてて覚悟して観たけど面白かった。

妹さえいればいいの冒頭、声つくとえげつないレベルで気持ち悪いな

妹さえいればいいはたぶん今期一番気持ち悪いアニメだけどいせスマを乗り越えた俺にはたやすい

え、BSでエロアニメやってるよ 妹さえいればいいってなにこれ え、これダメだよ気持ち悪いよこれ

妹さえいればいい。2話で最高に気持ち悪い笑顔になってたら顔面の筋肉という筋肉が肉離れ起こした

妹さえいればいい 確かに最初のとこはエロすぎたし気持ち悪いけど 途中から普通に面白い

次回 第5話 11/5放送!

「妹さえいればいい。」関連リンク

1